私のマーチングのコスチューム歴

c0039372_3373348.jpg
私がマーチングに出会って、実際に演奏を始めたのは、大学のときでした。
大学のブラスバンドが、座奏とマーチングの両方をやるバンドで、学内イベントではパレード(左の写真:先頭のDMが私)をして、年に2回ある定期演奏会のうち、ひとつはクラシックアレンジや吹奏楽オリジナルのコンサート、もうひとつはポップス系コンサートで、後者の中でステージマーチングショーを行っていました。



c0039372_3483746.jpg
関西の大学だったのですが、国公立、私立大学で吹奏楽部の連盟を運営していたのですが、毎年5月のGW終わりに、連盟での合同演奏会がありました。3つのステージ(ポップス、マーチング、クラシックアレンジ・オリジナル)をそれぞれ合同バンドを連盟団体から参加者を募って作り、事前の数回の練習と1週間程度の直前合宿を経て、コンサートを迎えます。2回生から4回生までの3年間、マーチングステージに出ることができました。(写真は3回生のときのもの。パーカッションソロ:ハンガリアンダンスの冒頭です。)
また、これの全国版もあり、私は4回生のときに参加しています。コスチュームは関西合同のものを使っていました。



c0039372_349218.jpg
その後、アメリカに留学する機会があり、留学先の大学のバンドのドラムラインに入って、3シーズン参加することができました。1年目は3rd BD、2年目はスネア、3年目はマルチタムをたたきました。アメフトのホームゲームのときのハーフタイムショーと、試合を通しての応援演奏をするバンドでした。左の写真は、コスチュームがまだそろわなくて、バスケなどの屋内スポーツの応援バンド(PEP BAMD)用の衣装です。



c0039372_3504298.jpg
最初の年は、カナダのEdmontonに演奏旅行に行く機会があり、そこで行われていたCFL(カナダのアメフトリーグ)の試合のハーフタイムショーを演奏しました。大きなスタジアムでの演奏は、お客さんも多く、とても興奮しますね。この写真は、そのときのメンバーで取ったものです。典型的なスタイルのコスチュームだと思います。



c0039372_3553757.jpg
CFLのハーフタイムショーのリハーサルのときに取ったドラムたち。後ろに見える「SAFEWAY」は北米にあるスーパーマーケットチェーンのひとつです。
[PR]
by toshifme | 2005-03-13 04:03 | Marching


<< 東京フェニックス 20周年記念... 【メキシコの祭り】をまた演奏したい >>