DCI'94雨天のためキャンセル

近々、ご飯友達のある方にDCIのDVDをお貸しすることになっていて、どれがいいかなーと考えてました。で、当然のごとく久々に観たくなったので、いくつかのDVDをささーっと再生していたのですが、今日はじめて、ショー以外のコンテンツがあることに気づきました。(^^ゞ
c0039372_1325983.jpg
観ていて気づいたのは94年のDCIで、BlueDevilsがChick Coreaの「Spanish Fantasy」でチャンピョンになった時のものです。BlueDevilsとThe Cadets(当時はCadets of Bergain Countyという名前でした)をひと通り観ながら、「そういやこの年からStar of Indianaがエントリーしなくなったなー」などと考えていたのですが、Starが代わりにどんな活動をしているのかのレポート映像を見た記憶があり、どこで見たっけ?と思っていたのです。

そういや、DVDの前はビデオでDCIを観ていたのですが、ビデオではショーの合間にインタビューやら取材レポートなどが入っていたのを思い出し、DVDになってなくなってしまったと思い込んでいたのですが、実はちゃんと収録されていたのでした。メニュー画面では、TOP12のリストがメインで表示されているので気づかなかったのですが、左側にちゃんとRecapや取材コンテンツが並んでおりました。(いやー、5年目にして気づきました。)

ちゃんとそこにはStarがコンテスト参加ではなく、ステージでのショーを目指していくことの取材レポートがあり、カナディアンブラスとのセッションのことなどが紹介されています。(この活動から、現在の「Blast!」につながっていきます。)

そのレポートに混じって、雨天によるキャンセルの話が出ていました。Quarterfinal(準々決勝、かな)で、最後から4つめのCorpsだったPhantom Regimentの最中に、雨がひどくなりすぎて、中止になったそうな。

観客たちは「ドラムコーは雨天くらいどうってことないんだ。雷雨でもできるぞ。」なんて無責任なことを言いつつ、DCI側は足元が悪くて滑ったりするため、プレイヤーの安全のために中止にする、という説明をしていました。

そういや、毎年DCIがちゃんとスケジュールどおりに行われているように思います。フットボールフィールドなので、当然屋根はないのですが、雨天の中のFinalというのは記憶にない。94年はBostonで行われていて、ちょうど私も大学の同期4名と一緒に観戦にいっていたのですが、Finalの翌日には帰宅の途についていたので、雨天順延とかになると、旅行の目的そのものがおじゃんになってしまうことになるのですが、当時はキャンセルになることなどまったく考えていませんでしたね。

Quaterfinalのキャンセルのときは、演奏をしなかった残りのCorpが、雨の中フィールドに出てきて、立奏したそうです。

立奏といえば、6月ごろに行われたDCIの地方予選を一度見に行ったことがあって、そのとき優勝したコー(SantaClaraVanguard)がセレモニーの後、ドリルなしの立奏をしたのをきいたことがありました。動かないからだと思いますが、このときのサウンドのクオリティやボリューム、表現力には惚れ惚れしたのを思い出しました。
[PR]
by toshifme | 2005-06-11 13:04 | よもやま話


<< 愛・地球博のもうひとつの楽しみ方 ミュージカルが好きなのはMar... >>