Blast! 出演者のみなさんとの素敵な懇親会

先日Bunkamuraで観たBlast!は、終演後にキャストとともに会食パーティーがついた、ちょっと特別なものでした。

終演後、アンケートをさっと書いて、一緒に参加する知人2名とロビー脇で待ち合わせてから、一緒に会場のイタリアンレストランに向かいました。

総勢20名ほどのパーティーで、貸し切りスペースの会場にはすでに観客だった他の参加者さんがお集まりになっており、ワインやビールなどのドリンクをそれぞれ持ってまずは乾杯をしながら、その日観たパフォーマンスについて、わいわいと話しておりました。

しばらくして、出演者4名と通訳さん、そしてBlast!日本公演のプロデューサーのお一人であるフジテレビの方が会場にいらっしゃいました。

みんなで乾杯の後、イタリアン料理を立食でいただきながら、自由にそれぞれの方々とお話をさせていただきました。参加者さんの多くは、外資系企業にお勤めの方で、通訳さんなしで、自分たちで直接キャストの方々といろんな話をされておられました。

私も、一緒に参加した友人たちと一緒に、ご出席者の方それぞれとお話しすることができました。


〜フジテレビ 飯田聖子さんとのお話〜


舞台裏の話と来年のBlast!2について、お話しを伺いました。
今年は、地方公演がとても多くなり、その分移動の回数も多くなります。
中には1日しかない場所もあるのですが、セットを組んだり、崩したりするのに
前後1日ずつは必要になってしまいます。
昨年まではセットやPA機材は基本的にアメリカから持ち込み、スタッフも全員
アメリカからきて、ツアー中もずっと同行していたそうですが、今年は日本の
ほうで準備をして、音響や舞台のスタッフも途中からは日本人スタッフを中心に
されているそうでした。セットは、アメリカでつかっていたものを忠実に再現しつつ
重さを相当軽くして作ったそうで、こうした日本の技術に驚いたそうです。
移動では、確か10トントラック20台分くらいでおこなわれるとのことでした。すごい!

日本のツアー初年度からスポンサーとして活躍しているフジテレビさんですが、
マスメディアによる宣伝活動を番組などを通して全面的に支援してこられたと
感じています。そのおかげで、特に昨年のツアーあたりから吹奏楽やマーチング
関係者以外の多くの方がBlast!に注目し、たくさんのファンを育ててくれたと
思います。このフジテレビの貢献なくして、blast!の現在までの成功はなかったの
ではと思いました。


〜Mr. Adam Rapa ソロトランペットプレイヤー〜


c0039372_8431925.jpg
ぱっと見た感じ、ちょっとはにかみ屋さんっぽい雰囲気のある人です。
今日の演奏、よかったよー、と伝えると、「いやぁ、今日のは70%くらいかな。」とおっしゃってました。謙遜もあると思いますが、実際には「普段はもっと吹ける。」ということなんだと思います。70%と言われたあの日の演奏も、High Noteをがんがん・チュイチュイ鳴らしてました。

彼曰く、その日は本番前にちょっと吹き過ぎたそうな。何でも、自分の演奏を
レコーディングしていて、そっちでもかなり気合いをいれて吹いてしまっていた
らしいのです。

自分のウェブサイトをもってて、そこでも視聴できるようですよ。
adam rapa online
http://www.adamrapa.com


〜 Ms. Deborah Barrigan カラーガードリーダー 〜


c0039372_845088.jpg
とても長身(178cmの私と変らないくらい)で、気さくな女性でした。
実は彼女、もともとはバトントワリングで相当数のチャンピョンになってるというやっぱりすごい人でした。そういや、ステージ上でもバトンをビュンビュン回していたのを思い出しました。日本のバトントワラー稲垣正司さんともよいお友達だということでした。彼が昨年のWGIにて天理教愛町のガードチームとともに披露した演技をいたく賞賛されてました。

Blast!には、NYでのショーが終わって地方公演に入ったときからの参加だそうです。
日本公演も今年で3回目。ステージ上では20種類のプロップや楽器を使っている
そうです。カラーガードだけでも結構な種類を使いつつ、打楽器ソロにはオーシャン
ドラムやカバサのようなものを持って演奏していたように記憶してます。

たまたま年齢の話になり、現在36歳で、まだまだやりますよーとおっしゃってました。
ちょうど昨年からタップダンスも始めたそうです。

別れ際に、Blast!ロゴの入った名刺をいただきました。


〜 Mr. David Cox スネアドラムソロプレイヤー 〜


c0039372_846745.jpg
石川直さんと一緒にソロスネアをたたいていた方です。この方もとても気さくな方でした。
ドラムを始めたのが実は高校生のときで、Phantom Regimentを見て度肝を抜かれそれがきっかけだったそうです。1999年には、BlueDevilsでDCIに出場し、見事優勝しています。(昨日改めてDVDでチェックしたけど、見つけられなかった。。。)

インターナショナルビジネスという専攻で現在大学に籍を置いているそうで、Blast!での
来日は、そういう意味でもとても有意義だそうです。日本公演が終わった後も、しばらく
日本にそのまま滞在して、自分の専攻に関係した活動をするそうです。
彼の名刺には、名前の上にカタカナでフリガナがふってありました。


〜 Mr. Naoki Ishikawa ソロスネアプレイヤー 〜


結局石川さんとはほとんどお話することなく終わってしまいました。
会の最後の最後に、少しだけお声掛けして、サインをいただきました。

c0039372_8455093.jpg




おそよ1時間強の懇親会でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。
こんな機会を実現してくれたのは、フジテレビの飯田さんを始め、終演後で疲れて
いるのにも関わらず、同席してくれた4名の出演者さんたちのおかげです。
音楽、マーチングの楽しさを改めて再認識することができた夜でした。
[PR]
by toshifme | 2005-08-21 14:22 | コンサート


<< 横浜インスパイヤーズライブはち... Blast!〜何回見ても感動は... >>