子供と一緒に音楽を楽しむ会@町田に行ってきました。

先週の土曜日に、えらい久しぶりに町田へ行ってまいりました。一緒にBlast!を観にいった知人の企画している(関わっている?)イベントがあり、舞台転換などでの人手が欲しいとのことで、吹奏楽のコンサートで舞台慣れしていると自負していたので、少しくらいお役に立てそうでしたので、お邪魔してきました。

イベントは、子供たちのための音楽祭といった趣旨で、作曲家「ベートーベン」のエピソードと代表作品を鑑賞したり、ジブリの音楽を楽しんだり、ジャズアレンジされたおなじみの曲を聴いたり、と盛りだくさんで、最後には持参した楽器をもってステージに上がり、一緒に「キラキラ星」を演奏する、というものでした。

c0039372_23282395.jpg



一番驚いたのは、楽器を持参した子供たちの多いことでした。正直、もっと少なくて、ちょっと寂しい舞台になっちゃうかなと思っていたのですが、コンサート開演1時間前に集結した楽器持参で参加希望の子供たちと親御さんたちの数には本当に驚きました。

お子さんが舞台に上がって楽器を演奏するというのは、一大イベントなんですね、きっと。

当日お持ちください、としていたのは

リコーダー
ピアニカ
タンバリン
すず
カスタネット
トライアングル

あたりだったのですが、さすがにトライアングルさんはいませんでした。タンバリンがあんなにいるとは思わなかったですね。もしかしてカラオケとかにもっていってるマイタンバリンなのかもしれません。

そういう路線では、マラカスを持ってきた子が一人いました。その他変わり種は

グィロ
小太鼓(おもちゃ?肩からベルトで吊った赤いドラム)
ドラムスティック

を持参した子たちがいました。実際には目にしなかったけど、クラベスのような音も聞こえていました。

コンサートの企画・運営は町田市在住の音楽指導者の会の方たちで、プログラムや舞台進行なども自分たちの手作りです。あんなにたくさんの参加者があつまるイベントをやりこなして、頭が下がる思いでした。私はといえば、舞台転換のちょこっとお手伝いと、子供たちのステージで一緒に楽器を演奏する係でしたから、あまりお役に立てずじまいでしたので、また機会のあるときに、ご一緒しようと思ってます。

私にとってに次のイベントは、9月のジャパンカップでのビデオ撮影係になります。知り合いがいろんなバンドに散って活動していますが、会場で遭遇できるのではと思っています。あと楽器屋さんにも。(^^)

いずれにしても、イベントにいくと、プレイヤーと観客、両方の様子がうかがえるのと臨場感があっていいものです。
[PR]
by toshifme | 2005-08-30 23:40 | コンサート


<< 今度はタップに挑戦です CA Sound Theate... >>