2005年 08月 09日 ( 1 )

最近のお手洗い音楽事情〜MP3再生機能

長年にわたって働いてきた父も定年退職し、ついに夢見た田舎暮らしを開始することになりました。昨年末から準備していた信州の新居が先日ようやく完成し、引っ越しも完了しました。

週末を使って、引っ越しの荷解きやセッティングなどのお手伝いにいってきたのですが、いやぁいいですわ、信州。二人、主に母が一生懸命プランニングし、インテリア一品ずつ集めて作った新居は、とても心温まる、すばらしいものでした。どうぞ、残りの人生を、思う存分満喫してください。

新居誕生の様子は、母が時折ブログに綴っておりました。
http://blog.goo.ne.jp/kurakura-get

さて、この新居には、アンティークがたくさんある中で、新しいもの/技術も導入されていました。たとえばIHクッキングヒーターとかエコキュートといったオール電化製品などですが、中でももっとも衝撃的だったのは、お手洗いでした。

最初に入っていた弟が、しきりに「すごいから」と言っていたのですが、ついにご対面のときがきたのです。

■ドアを開け、近づくとひとりでにカバーが開きます!(おぉ!センサーか。)
■便器の中がほのかに明るく照らされています!(これで健康チェックか?違うか。)
■うお!これは「♪ノクターン」では!(用足し中の音消しか?!)
■立ち上がると勝手に流してくれるのか!(確かに流し忘れはかなりバツが悪いし。)

そう、最新鋭の便器が鎮座していたのでした。
INAX SATIS
http://www.satis.jp/index2.html

せっかくなので、2回目利用のときに、コントロールパネルを開いて、いろいろといじくってみました。そこで、音がいくつか入っていることに気がつき、一通りチェックしたのですが、中にはちゃんと効果音(川の流れる音や雨の音など)もありました。一番落ち着くのは「♪G線上のアリア」でした。)

サイトの商品説明をみると、実際にはSDカードに入った音声ファイルが再生されているとのことで、MP3フォーマットであれば好きなものを入れることができそうです。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040205/inax.htm
 便器の前に立つと、人体センサーが感知し便座のフタが開き、音楽再生が行なわれる。曲目は、「G線上のアリア」、「愛の夢」、「ノクターン第2番」、「春の家」の4曲を収録。曲はSDメモリーカードにMP3形式で収録しており、パソコンからSDカードにMP3ファイルを転送して再生することも可能。


いろいろ工務店さんとのおつきあいで入れたんだと思いますが、アンティークと最新ものの絶妙なコラボレーションということで、また次回訪問するときには、おすすめの1曲をMP3に落として持っていこうと思います。

個人的にはBlue Devilsの「LOS TONTOS」またはMadison Scouts「Malaguena」あたりが鳴ると気合いが入ってよさそうです。
[PR]
by toshifme | 2005-08-09 23:46 | グッズ/ハード