<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミュージカルが好きなのはMarching熱からかもしれない

マーチングに初めてちゃんと出会ったのは、大学に入る時でした。

自分が入る大学には、ブラスバンドがあることは高校時代の先輩が入っていたので知っていて、ちょうど入学直前の3月下旬に、そのバンドのコンサートがあるということで、ある意味下見(ってかなりエラそうですが)のような気持ちで、見に行ったときに、ステージマーチングのプログラムもあったのでした。

入学後は迷うことなくそのバンドに入り、夏に入る少し前あたりから、マーチングの練習が始まりました。打楽器だったこともあってか、かなりマーチングにのめりこみ、演奏とドリルの両方に引き込まれていったのでした。

同じパートの先輩が一人暮らしだったので、時々みんなで集まってワイワイやっていたのですが、あるときアメリカのマーチングのビデオがあるという話になり、見せてもらったのが1997年DCIのファイナルでした。今でも覚えているのは、サンタクララバンガードのレスギンカがあまりに強烈なインパクトがあったからだと思います。

その後、DCIのビデオを通して、ドラムコーのショーをたくさん見ました。お気に入りのコーやプログラムに出会いました。お気に入りには、ミュージカルの音楽をつかったものが多かったのです。

映画音楽やミュージカルは、本来俳優たちによる演技とストーリーが中心となり、音楽がより深い表現を担うので、その音楽だけを取り出したプログラムが、これほど魅力的になるというのが意外でした。ドラムコーでのアレンジや演出がいかに秀逸か、というのをいつもそのあたりで感じます。

こうしたプログラムから、ミュージカルの音楽のほうから先に入って興味を持ち、実際の舞台を観るようになったのでした。アメリカ滞在中には、全国巡演のミュージカルを学生割引で年間に5つや6つを観ることができました。旅行でNYに行った時には、Broadwayでいくつか観ています。下記はどこかのドラムコーがDCIでショーをしており、いずれも名演です。


【もっとも好きなもの/印象に残っているもの】
レ・ミゼラブル
 とにかく音楽と演出のマッチングが秀逸だと思います。
 89年にCadetsがレパートリーにしてました。

オペラ座の怪人
 舞台の使い方やシャンデリアの迫力など、映像では感じられない
 魅力が満載でした。
 88年、89年SCVのショーがとても印象に残ってます。

【意外とよかったもの】
ロックオペラ TOMMY
 ロックバンド「The Who」のアルバムをモチーフにしたミュージカル。
 音楽、ステージパフォーマンスなど、楽しく観ることができました。
 90年BlueDevilsのショーで、ソプラノのハイトーンが印象的。

【かなり期待したのにあまり好きになれなかったもの】
ミスサイゴン
 残念ながらストーリーそのもの(ベトナム戦争)の視点がかなりアメリカ的で
 そのあたりが観ていてつらかった。音楽は絶品で、こちらから入った私の
 妄想というか、期待が大きすぎて、ミュージカルそのものはあまり感動
 できなかったのかもしれない。
 でも91年SCVのショーは私の中ではベストです。スコアはそこそこだったけど、
 ショーとしての魅力は満点でした。

[PR]
by toshifme | 2005-05-28 14:38 | Marching

左手の演奏家

先日、ふとテレビをつけたら、音楽関連のドキュメンタリーが始まろうとしているところでした。

ナビゲーターは西田ひかるさんで、ヨーロッパ数カ国を周る取材をするところで、なぜか「左手」に関するコメントをされていました。

番組は「奇跡のピアニスト」で、北海道の放送局がある高齢ピアニストにスポットを当てているものです。

TBS | 「奇跡のピアニスト」
http://www.tbs.co.jp/program/kisekinopianist.html

主人公の館野さんは、コンサート中に脳卒中で倒れてしまい、その後のリハビリでも右手が演奏できるまでは回復しなかったそうです。

そんな彼に、おなじ演奏家である息子さんが左手だけで演奏できるピアノ曲の楽譜をプレゼントしたそうです。

調べていくうちに、「左手だけで演奏できる曲」または「左手だけのために作られた曲」が存在していることがわかりました。いろいろな理由で演奏のための右手を失った人のために、多くの作曲家が作品を残していたのでした。

また、左手だけの演奏は、両手のそれとは少し異なり、より旋律や伴奏といった曲の構造が伝わりやすく、むしろ感情豊かでストレートに表現できるようになったそうです。

***

さて、自分に振り返ったときに、子供のころからずっと打楽器に触れて音楽を楽しんできたのですが、実は時々、自分の片腕が利かなくなって、スティックがもてなくなったり、突然音が聞こえなくなったりする夢を見ることがありました。

目が覚めて、その夢のことを思い出すととても悲しく、つらくて、実際に直面したら自分はどうなるんだろう、と考えますが、とにかく何らかの形で音楽に関わっていたい、ということだけははっきりとしていました。

もしかしたら、プレイヤーとしての道もあるかもしれない。そんな風に考えされてくれる番組でした。
[PR]
by toshifme | 2005-05-28 12:39 | よもやま話

【NANTA】思ったほど感動できなかった

帰省中に、偶然「食博覧会」なるものが開催されていることを知り、さっそくサイトをチェック。

食博覧会・大阪
http://www.shokuhaku.gr.jp/top.html

すると、韓国やNYブロードウェイで絶賛されている「NANTA」がスペシャルバージョンで上演されているとのことで、すぐに見に行くことを決意したのでした。

NANTA@食博覧会は、1日3回公演で、事前に整理券が配られるとのことで、朝のうちに現地入りして、整理券をゲットしなければなりません。結局12:00前ごろに到着したのですが、ちょうど2回目公演(13:30スタート)の整理券を配るのに人が並んで待っている、というタイミングでした。

早速並んで待つこと40分、ちゃんと整理券をもらうことができました。開演までの間に、あわてて別の会場を回ります。すぐ隣がアジア系食の会場で、特にコリアンフードのエリアが充実していました。チヂミや冷麺を食べ、さらにタイのグリーンカレーを白米つきでいただき、腹ごしらえしたところで、NANTAの上演時間に。

いそいそと会場に入り、かなりぎりぎりだったので、後ろのほうの席に着くことになりました。

およそ30分のパフォーマンスで、本場のショーの中から、お客さんにウケるところをチョイスして、大阪食博覧会バージョンに仕立て上げたそうです。

NANTAがどんなショーなのかは、紹介記事や実際に見た人から聞いていた話でなんとなくわかっていたのですが、改めて見て、私とは肌が合わないと感じてしまいました。(T_T)

合わなかったポイントは2つでした。

1つは、ドラムコーなどの統一美をこうしたショーに求めてしまう自分でした。マーチングのスカード(隊列)やドラムのスティックアクションなど、複数人による一糸乱れぬパフォーマンスの美しさを日ごろから心地よく感じているのですが、NANTAの場合はそういった美しさを追いかけているわけではありません。しかし、パフォーマンスとして包丁さばきとまな板をたたく音で表現されているため、ついつい音楽的、マーチング的な要素に期待してしまっていたようでした。そういう観点だと、NANTAはそれを目指していないと思われ、私としてはちょっと違和感を感じたのだと思います。

もう1つは、野菜を使ったパフォーマンスなのですが、食物をあのように扱うのは耐え難いものがありました。あれがショーの真髄というかベースなので、それを否定してしまってはどうしようもないのですが、やっぱり理由はどうであれ、食物をあのように無駄に使い、ごみとして処理してしまうというのが、この時代にあっていいのだろうか、という疑問をぬぐいきれなかったのでした。(ちなみに、会場には、「ショーに使った野菜は、生ごみ処理をして有効に再利用する」といった趣旨の掲示がありました。うーん、どうなんでしょう。。。)

あとは、笑いのツボみたいなのは、どうも私のそれとは合わなかったようです。もともとノンバーバルのショーなので、ボディアクションとシチュエーションにて表現することになりますが、このあたりは文化的な壁を越えていくのがなかなか難しいものだと思います。NYブロードウェイで公演をしていて、喝采を浴びている、ということですが、アメリカでこうしたショーがウケるというのは、私としては考えにくいものでした。ただ、アメリカではこうしたパフォーマンスについては、そのユニークネスや「視点(Point of View)に価値を見出すところもあるので、いい評価を得ることもあるのかもしれません。
そういう意味では、私は「STOMP!」のほうが好きです。

NANTAは、以前から観たいと思っていたショーなので、それが実現できたのはよかったです。実際に見た人と感想の交換などができるようになりました。
[PR]
by toshifme | 2005-05-04 02:17 | コンサート

【伝説のアイルランド】は自分でも演奏してみたい

先日、母校の吹奏楽部の演奏会に行ってきました。吹奏楽オリジナル曲あり、クラシックアレンジあり、ポップスありの、年間の活動総締めという感じのコンサートで、事実3年生はこのイベントで引退し、受験シーズンに入るそうです。

そういや、私が在学してたころは、5月に文化祭があってそこで引退していたと思うけど、どうなったんやろ。。。

さて、レパートリーの中でとても気になった曲がありました。R.W.Smithの伝説のアイルランド(Ireland: Of Legend and Lore) です。

気になった、というか気に入ったのですが、きっと打楽器がかっちょよいからだと思います。アイリッシュドラムをイメージしたタムタムやBD、シンバルなどによるビート感、冒頭の鎖の音など、打楽器がとても印象深い曲です。

Smithは、かなりたくさんの曲を作っている人のようですね。いくつか検索結果をみていたのですが、創価RVがやってた「海の男達の歌」とかもあって、イメージがバチッと合います。そのせいか、「この曲、マーチングアレンジでやってみたい」と思って聞いてました。

スコアをオンラインで販売しているサイトには、次のような説明が入ってました。

Sheet Music Plus - Ireland: Of Legend and Lore
http://www.sheetmusicplus.com/pages.html?cart=33241008935584765&target=smp_detail.html%26sku%3DWB.BD9680&s=pages-www.google.co.jp/search&e=/sheetmusic/detail/WB.BD9680.html&t=&k=&r=wwws-err5

Robert W. Smith has chosen three castles and several colorful characters known for legendary deeds from Irish history and folklore to put to music. The use of tinwhistle, the Irish drum bodran and hints of traditional Irish melodies add ethnic authenticity and fascination to the performance of this work. As we have come to expect from this highly inventive composer, the arena of sounds is expanded at every turn of the page. Musical imagery at its finest!

上記文中にある「Irish drum bodran」は、下記の方々のブログで拝見できました。叩いてみたい!

Selen's Box
http://selen.exblog.jp/pg/blog.asp?eid=b0068197&iid=4&acv=&dif=&opt=2&srl=2094615&dte=2005%2D02%2D23+00%3A20%3A25%2E000

打楽器いろいろ/パーカッションいろいろ:bodhran バウラン ボウラン バウロン ボウロン??
http://blog.goo.ne.jp/miburi/e/0b59a2b611a83443a69dc9cf65d0f54b

***

Smithは自分のウェブサイトを持っていて、本人からのアナウンスやファン同士がディスカッションできるようになっていました。

「ベストアルバムを作るとして、お気に入りの5曲を書いて」なんてのもやっていました。
Robert W. Smith - Forums - View topic - RWS "Greatest Hits" List PLEASE VOTE
http://www.robertwsmith.com/discussion/viewtopic.php?t=28&postdays=0&postorder=asc&highlight=ireland&start=0

きっとDCIなんかでも扱われている作品があると思うので、DVDを漁ってみようと思います。(^^)
[PR]
by toshifme | 2005-05-03 22:37 | コンサート

母校吹奏楽部の演奏会はさわやかだった

今年のゴールデンウィークはまさに黄金のカレンダーですね。
4月29日から5月2日まで帰省して、懐かしい面々に会ってきました。

その中で、29日は出身高校の吹奏楽部の第2回演奏会で、OB合同ステージがあるということもあり、ゲネプロからお邪魔させてもらいました。

私が在学中はまだ吹奏楽同好会で、正式のクラブではなかったため、たくさんの部員がいるにもかかわらず予算などの制約がありました。私の次の代の代表がとてもがんばり、正式に「クラブ」に昇格させたのでした。

そして時は経ち、一昨年にとあるきっかけからOB会なるものが発足するにいたったのでした。これも次の代の代表が中心となり、OB同士、現役生との交流の場を作ったのでした。そこから話は次々と進み、昨年初めて校外での演奏会を開催するに至ったのでした。

昨年は日程が合わず帰省するのは叶わなかったのですが、今年はGW初日ということで、ほかの同窓会もあって戻ることにしました。

さて、この演奏会を通して驚いたことが2つありました。

ひとつは、現役高校生たちがなんともすがすがしいメンバーだったことでした。東京にいると、ついつい派手な子たちを目の当たりにしていたり、メディアで映されるイケてない高校生像がインプットされていたけれど、ゲネプロ中やコンサート後のミーティングに見られた、彼らの純粋、まじめな姿に「おー、実はこういう高校生はちゃんといるのね。」と思わずにはいられませんでした。終演後のお客様へのお見送りやOBたちに対しての礼儀をはじめ、現役生幹部の面々もしっかりとみんなを仕切っていたのでした。頼もしい限りです。

もうひとつは、裏方スタッフとして活躍していたOBたちでした。彼らは1年前に卒業した代を中心に15名ほどが、ステージマネジャーや舞台設営、司会などを担当していました。その動きや統制の取れかた、「プロか?」と思えるほどでした。OBスタッフのリーダーは、現在の大学に吹奏楽がなかったために応援団に入ったそうで、コンサートの経験はなかったそうでしたが、ばりばり仕事をこなしつつ、他のメンバーに指示を出していました。

演奏のほうも、昨年は予選を通過して地区大会まで進み、金賞をとったとのことで、そこらへんの一般バンドよりも素晴らしいものでした。これはお世辞抜きです。メインの曲などはゲネプロのほうがよかったのですが、それでも賞賛されるべきものでした。Bravo!


マツケンサンバ2がレパートリーに入っており、ご多分に漏れず「マツケン」が登場していましたが、それを含めたさまざまな演出は、学生らしさと重なって好感が持たれるものだったようです。いたく観客にウケていました。


学生バンドなので、毎年メンバーが入れ替わっていってしまうので、こうした演奏会のノウハウや演奏技術を伝えていくのがなかなか難しいことだと思いますが、ぜひ今後もがんばってほしいです。

この演奏会のプログラムに、とても気になる曲がありまして、もともとこれについて書くつもりでしたが、長くなったので別エントリーでご紹介します。
[PR]
by toshifme | 2005-05-03 21:56 | コンサート