<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供と一緒に音楽を楽しむ会@町田に行ってきました。

先週の土曜日に、えらい久しぶりに町田へ行ってまいりました。一緒にBlast!を観にいった知人の企画している(関わっている?)イベントがあり、舞台転換などでの人手が欲しいとのことで、吹奏楽のコンサートで舞台慣れしていると自負していたので、少しくらいお役に立てそうでしたので、お邪魔してきました。

イベントは、子供たちのための音楽祭といった趣旨で、作曲家「ベートーベン」のエピソードと代表作品を鑑賞したり、ジブリの音楽を楽しんだり、ジャズアレンジされたおなじみの曲を聴いたり、と盛りだくさんで、最後には持参した楽器をもってステージに上がり、一緒に「キラキラ星」を演奏する、というものでした。

c0039372_23282395.jpg



一番驚いたのは、楽器を持参した子供たちの多いことでした。正直、もっと少なくて、ちょっと寂しい舞台になっちゃうかなと思っていたのですが、コンサート開演1時間前に集結した楽器持参で参加希望の子供たちと親御さんたちの数には本当に驚きました。

お子さんが舞台に上がって楽器を演奏するというのは、一大イベントなんですね、きっと。

当日お持ちください、としていたのは

リコーダー
ピアニカ
タンバリン
すず
カスタネット
トライアングル

あたりだったのですが、さすがにトライアングルさんはいませんでした。タンバリンがあんなにいるとは思わなかったですね。もしかしてカラオケとかにもっていってるマイタンバリンなのかもしれません。

そういう路線では、マラカスを持ってきた子が一人いました。その他変わり種は

グィロ
小太鼓(おもちゃ?肩からベルトで吊った赤いドラム)
ドラムスティック

を持参した子たちがいました。実際には目にしなかったけど、クラベスのような音も聞こえていました。

コンサートの企画・運営は町田市在住の音楽指導者の会の方たちで、プログラムや舞台進行なども自分たちの手作りです。あんなにたくさんの参加者があつまるイベントをやりこなして、頭が下がる思いでした。私はといえば、舞台転換のちょこっとお手伝いと、子供たちのステージで一緒に楽器を演奏する係でしたから、あまりお役に立てずじまいでしたので、また機会のあるときに、ご一緒しようと思ってます。

私にとってに次のイベントは、9月のジャパンカップでのビデオ撮影係になります。知り合いがいろんなバンドに散って活動していますが、会場で遭遇できるのではと思っています。あと楽器屋さんにも。(^^)

いずれにしても、イベントにいくと、プレイヤーと観客、両方の様子がうかがえるのと臨場感があっていいものです。
[PR]
by toshifme | 2005-08-30 23:40 | コンサート

CA Sound Theaterの出演者は皆さんハイクオリティでした。

前日に続き、8月21日(日)にもマーチングのイベントがあり、連チャンで行ってきました。

シアターX(カイ)ってなぜか錦糸町にあると思い込んでいたのですが、両国でした。江戸東京博物館など、駅の北側には何度も行ったことがあったのですが、南に行ったのはおそらく初めてでした。

ちょっと当日まで予定がわからなかったので、前売りは買わずにいたので、当日券で入場しました。当日券では座席指定がなく、一番後ろの2列を自由に座ることになっていたのですが、ほとんどの方は指定席らしく、私の周りには1人しかいらっしゃいませんでした。(実際には、開演直前になって、スタッフの方がドドッといらっしゃいましたけどね。)

サウンドシアターは、20名ほどの演奏者が演奏と演技でストーリーを紡いでいく、ミュージカルのようなステージです。3回目になる今回のストーリーは、現代社会における孤独と苦悩の中にいる男が、4つのエレメンツ(水、風、火、土)の精霊たちに導かれて、自分自身を取り戻す、という理解をしました。主役の男役が、大学時代に一緒にバンフェに出たり、社会人バンドでも合同バンドで一緒にショーを作った友人でした。いつのまにか、CAベッタリになり、そうとうコミットしているようです。

楽器を演奏しながら、ストーリーを作り出す演技や踊りをする、というのは、出演者全員にとって、そうとう過酷な練習を積み重ねてきたことと推察できます。また、全員がなんらかの打楽器を演奏する場面が何度かあり、本業以外の練習が必然的に多くなっていたに違いありません。この打楽器パフォーマンスは見応えありました。

逆に気になったのは、ノンバーバルの演技であるが故に、状況説明をある程度詳しく観客に伝えなければならないわけですが、それがかえって全体のストーリーの話題転換を緩慢にしてしまっている気がしていました。メインの「マン(男)」が悩み苦しむ設定なのですが、1曲の大半を使って悩み続けているところなどがあり、それ自体は伝わってきているのだか、そこまで長く表現しているのは、それ以上の伏線があることなのか、単に長いだけなのかが読めず、その分流れを遅くしてしまったのではと思いました。

それにしても、各プレイヤーたちの演奏のクオリティには圧倒されました。音質やリズムなどは安定していて、人数の割にはtuttiの音量はバンド全体で響かせているが故の厚いサウンドとなっていました。ハーモニーのバランスがとてもいいんだと感じました。一部ピッチが不安定なところがあったところがありましたが、総合的に見れば、とてもレベルの高い演奏を楽しむことができたと思います。

それだけに、シンセサイザーをあそこまで多用するのはもったいないと思いました。いわゆる「シンセサイザー」らしい音色を全面に出している場面では、吹奏楽編成の楽器群とはあまり相容れないように思います。プレイヤーがあれだけの演奏ができるのだから、もう少し控えめにしてもいいと思いました。

あと、これは蛇足かもしれませんが、ステージが始まる前に諸注意があり、小ネタをいくつか入れていたのですが、うーん、関西人からすると、間合いをもうちょっと研究してください。(^^)
あれはあれで、よい演出なので、あのまま数分間開演を待つことなく、あのままステージの一部として、そのまま演技が始まるとよかったのでは、と思います。

終演後、ロビーにて出演者のみなさんが観客を待っていてくれました。みなさんの晴れ晴れとした笑顔は、単に最後の回を終えたからだけではなくて、「やり遂げた!いいものができた!」という気持ちの表れだったと思います。出演者のみなさん、スタッフのみなさん、おつかれさまでした。

あわてて会場入りしたので、友人には差し入れを用意できなかったが残念でした。次回またあれば、そのときはぜひ。
[PR]
by toshifme | 2005-08-23 00:14 | Marching

横浜インスパイヤーズライブはちょっと意外だった。

8月20日(土)は、お台場近くにあるディファ有明でマーチングイベントがあった。いや、コンサートと言ったほうが正しいでしょう。

横浜インスパイヤーズといえば、私が高校生のころは、打楽器総合パンフレットの最後にメーカー楽器利用団体として写真で紹介されている、なんか関東にあるすごいバンド、という印象でした。大学に進んで、自らもマーチングを始めると、社会人バンドで、やたらスパニッシュなやつら、という話を聞いたことがあり、関東の大学では、卒業後インスパでマーチングを続ける人もいる、なんてことをバンドフェアなどで聞いたりしていたのですが、実際の演奏を聴いたのはずいぶん後になってからのことでした。

さて、先日のイベントは、ディファ有明というイベント会場で行われ、ほかの興行としてはプロレスなんかが開催されたりといった、ちょっとマーチングのコンサートとは縁遠い感じのする場所です。

会場入り口前には、ファーストフードのスタンドもあって、イベントのワクワク感を演出しているようでもありました。

コンサートは途中休憩を挟んだ2部構成になっており、舞台セットはステージ中ほどに5段くらいの階段による高くなった部分と、さらにその奥には高さ3〜4メートルほどの高い段があり、そこに鍵盤楽器やティンパニ、ドラムセットなどが配置されていました。その高い段の下には2つの通路が確保されていて、そこからと、舞台両サイドからプレイヤーが出入りするという演出になっていました。ソリストやビジュアルだけでなく、プレイヤーたちも入れ替わり立ち替わりステージへの出入りをおこなっていました。

演奏が始まり、第1部の前半部分は、正直なところ「ウォーミングアップ代わり?」という風にも見えました。バンド全体でのtuttiの音量が、ビューグルらしからぬ感じだったのでした。ブラスの各ソリストも、まだ音が抜けてない感じがして、逆にその日2回目のショーだったので、そのせいなのかもしれません。

そんな中、私から見てとてもよかったのがカラーガードでした。カラーガードチームのみでのレパートリーでは、ダンスやウェポンの表現がとても豊かだったのと、オールフラッグの演技が見事でした。また、コンサートを通して、ドロップがとても少なかったように思います。ウェポン系のドロップがほんの数回、フラッグは1回あったかな、程度だったと思います。ガードのみのショーで使われてた曲、まだ頭の中に残ってます。もしかして以前どこかが使ったのかもしれませんね。(>selenさん、ご存知?)

いわゆるpit percussionは、鍵盤楽器含め、PAを通していましたが、できれば鍵盤系はPAなしでも聞こえるくらいの音量が欲しかったと思いました。PA経由で聴くと、ダイナミクスがなくなってしまって聞こえるように思います。その点、ハンドドラム系はいい感じでした。南アジアからアラビア系のリズム感と音楽が、あの会場全体を不思議な雰囲気に包んでくれてました。

ブラスは、途中途中で、見せ場(聴かせ場?)でビューグルらしい、きらきらとした感じの音色でひと塊でドーンと来る感じの場面が何カ所かあり、とても心地よい瞬間を堪能できましたが、実際にはもっともっと多くのそんな場面があったはずではと思います。

メインのCUBAとアンコールの曲では、そういうバンドの一体感のある音楽が聴けて、とても充実していました。アンコールの曲は、レパートリーにいれてもよかったのでは、と思うくらい。

しかし、コンサート全体を通して感じたのは、ちょっと稚拙な感じというか、学祭の印象がありました。おそらくその原因は、客席から飛ぶ声援のクオリティだったのではと思います。

やっぱり聴衆として、声援を贈るのはそれはそれで会場全体の盛り上がりに結びつきますが、いい演技に対して、もっと大きな拍手や声援を贈れていれば、途中にある個人的な黄色い歓声や仲間内だけの盛り上がりをかき消してくれていたでしょう。

あとは、会場(ホール)の音響が、音楽イベント(とくに生の楽器、ビューグルとか?)に向いていないのかもしれません。あそこまで奥行きのない音になってしまうということでいうと、今後の場所選びでは、もう少し選り好みをしてもいいと思いました。

レパートリーは、渋い曲が多かったように思います。知らない曲もたくさんあったので、ぜひselenさんには、曲名を披露していただけるとうれしいです。(^^) 横浜インスパイヤーズのカラーが、レパートリーにでているんだと思いました。

MMはとても洗練されているというか、よく練習していることが伺えました。メンバー全体では比較的若い印象があったのですが、よくそろっている演技だったと感じました。その一方で、コンテの動きが、全体的に小さかったのが残念です。さまざまな制約があるので、ステージ上に乗っているプレイヤーの数によってはコンテを書くのにとても苦労されたのではと想像しますが、全般的に歩幅が狭い動きが多いように思いました。

ともあれ、あの距離で横浜インスパイヤーズの演奏・演技を1.5時間も楽しめたのはとてもよかったことはいうまでもありません。普段は体育館などで遠く離れた、ちょっと上の方から見る感じですが、プレイヤーの動きと生の音を感じられるこのライブ、今後もとても楽しみです。また来年の冬に予定されているそうですので、お邪魔できたらいいなと思っています。
[PR]
by toshifme | 2005-08-21 21:35 | コンサート

Blast! 出演者のみなさんとの素敵な懇親会

先日Bunkamuraで観たBlast!は、終演後にキャストとともに会食パーティーがついた、ちょっと特別なものでした。

終演後、アンケートをさっと書いて、一緒に参加する知人2名とロビー脇で待ち合わせてから、一緒に会場のイタリアンレストランに向かいました。

総勢20名ほどのパーティーで、貸し切りスペースの会場にはすでに観客だった他の参加者さんがお集まりになっており、ワインやビールなどのドリンクをそれぞれ持ってまずは乾杯をしながら、その日観たパフォーマンスについて、わいわいと話しておりました。

しばらくして、出演者4名と通訳さん、そしてBlast!日本公演のプロデューサーのお一人であるフジテレビの方が会場にいらっしゃいました。

みんなで乾杯の後、イタリアン料理を立食でいただきながら、自由にそれぞれの方々とお話をさせていただきました。参加者さんの多くは、外資系企業にお勤めの方で、通訳さんなしで、自分たちで直接キャストの方々といろんな話をされておられました。

私も、一緒に参加した友人たちと一緒に、ご出席者の方それぞれとお話しすることができました。


〜フジテレビ 飯田聖子さんとのお話〜


舞台裏の話と来年のBlast!2について、お話しを伺いました。
今年は、地方公演がとても多くなり、その分移動の回数も多くなります。
中には1日しかない場所もあるのですが、セットを組んだり、崩したりするのに
前後1日ずつは必要になってしまいます。
昨年まではセットやPA機材は基本的にアメリカから持ち込み、スタッフも全員
アメリカからきて、ツアー中もずっと同行していたそうですが、今年は日本の
ほうで準備をして、音響や舞台のスタッフも途中からは日本人スタッフを中心に
されているそうでした。セットは、アメリカでつかっていたものを忠実に再現しつつ
重さを相当軽くして作ったそうで、こうした日本の技術に驚いたそうです。
移動では、確か10トントラック20台分くらいでおこなわれるとのことでした。すごい!

日本のツアー初年度からスポンサーとして活躍しているフジテレビさんですが、
マスメディアによる宣伝活動を番組などを通して全面的に支援してこられたと
感じています。そのおかげで、特に昨年のツアーあたりから吹奏楽やマーチング
関係者以外の多くの方がBlast!に注目し、たくさんのファンを育ててくれたと
思います。このフジテレビの貢献なくして、blast!の現在までの成功はなかったの
ではと思いました。


〜Mr. Adam Rapa ソロトランペットプレイヤー〜


c0039372_8431925.jpg
ぱっと見た感じ、ちょっとはにかみ屋さんっぽい雰囲気のある人です。
今日の演奏、よかったよー、と伝えると、「いやぁ、今日のは70%くらいかな。」とおっしゃってました。謙遜もあると思いますが、実際には「普段はもっと吹ける。」ということなんだと思います。70%と言われたあの日の演奏も、High Noteをがんがん・チュイチュイ鳴らしてました。

彼曰く、その日は本番前にちょっと吹き過ぎたそうな。何でも、自分の演奏を
レコーディングしていて、そっちでもかなり気合いをいれて吹いてしまっていた
らしいのです。

自分のウェブサイトをもってて、そこでも視聴できるようですよ。
adam rapa online
http://www.adamrapa.com


〜 Ms. Deborah Barrigan カラーガードリーダー 〜


c0039372_845088.jpg
とても長身(178cmの私と変らないくらい)で、気さくな女性でした。
実は彼女、もともとはバトントワリングで相当数のチャンピョンになってるというやっぱりすごい人でした。そういや、ステージ上でもバトンをビュンビュン回していたのを思い出しました。日本のバトントワラー稲垣正司さんともよいお友達だということでした。彼が昨年のWGIにて天理教愛町のガードチームとともに披露した演技をいたく賞賛されてました。

Blast!には、NYでのショーが終わって地方公演に入ったときからの参加だそうです。
日本公演も今年で3回目。ステージ上では20種類のプロップや楽器を使っている
そうです。カラーガードだけでも結構な種類を使いつつ、打楽器ソロにはオーシャン
ドラムやカバサのようなものを持って演奏していたように記憶してます。

たまたま年齢の話になり、現在36歳で、まだまだやりますよーとおっしゃってました。
ちょうど昨年からタップダンスも始めたそうです。

別れ際に、Blast!ロゴの入った名刺をいただきました。


〜 Mr. David Cox スネアドラムソロプレイヤー 〜


c0039372_846745.jpg
石川直さんと一緒にソロスネアをたたいていた方です。この方もとても気さくな方でした。
ドラムを始めたのが実は高校生のときで、Phantom Regimentを見て度肝を抜かれそれがきっかけだったそうです。1999年には、BlueDevilsでDCIに出場し、見事優勝しています。(昨日改めてDVDでチェックしたけど、見つけられなかった。。。)

インターナショナルビジネスという専攻で現在大学に籍を置いているそうで、Blast!での
来日は、そういう意味でもとても有意義だそうです。日本公演が終わった後も、しばらく
日本にそのまま滞在して、自分の専攻に関係した活動をするそうです。
彼の名刺には、名前の上にカタカナでフリガナがふってありました。


〜 Mr. Naoki Ishikawa ソロスネアプレイヤー 〜


結局石川さんとはほとんどお話することなく終わってしまいました。
会の最後の最後に、少しだけお声掛けして、サインをいただきました。

c0039372_8455093.jpg




おそよ1時間強の懇親会でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。
こんな機会を実現してくれたのは、フジテレビの飯田さんを始め、終演後で疲れて
いるのにも関わらず、同席してくれた4名の出演者さんたちのおかげです。
音楽、マーチングの楽しさを改めて再認識することができた夜でした。
[PR]
by toshifme | 2005-08-21 14:22 | コンサート

Blast!〜何回見ても感動は尽きない

初めてBlast!を観たのはNewYorkのBroadwayでした。

2001年の春ごろに、BlueDevilsのスタッフによるクリニックが東京で行なわれ、終了後のレセプションのときに、以前Star of IndianaでDCIに出ていたというスタッフの一人の方とお話する機会があったのでした。StarがDCIのチャンピョンシップに出なくなってから数年経っていて、最初のときのビデオでは、新しい試みをしている、といったことが紹介されていたのをみていたので、その後のことを聞いてみたときに、NYCでショーをやっている、ということを知ったのでした。

ちょうど今やってるよ、というのを聞いたのですが、その時点ではアメリカに行く予定はまだなかったこともあり、「ふーん」という程度だったのですが、6月に出張でNYCにいく機会がありました。

滞在中に、このときの話を思い出し、ミュージカル情報をチェックして、空き時間にTheaterへ足を運んだのでした。その日の夜のステージにまだ空席があると聞いて購入し、一緒に出張にきていた上司と一緒に観たのが最初でした。

出張直前に夏休みの予定としてアメリカ旅行(というかBaffaloで行われるDCI観戦)を決めていて、知人を訪ねたりNYCに寄ったりということを決めていたので、次回来るときのチケットを前売りで押さえておきました。

その夏の旅行でもBlast!を観ることができ、かなり影響を受けました。当時は東京のマーチングバンドでスタッフとしてドリルデザインも一部やっていたこともあり、パフォーマンスやステージの使い方などで、もっと工夫することができるはずだという気持ちで作るようにしていました。

その後日本へのツアーが実現し、最初の年(2003年)に渋谷で観ました。

ちょっと残念だったのが、Broadwayでのレパートリーと一部変っていたところです。LONDON公演のビデオにも入っているのですが、レスピーギの「ローマの噴水」をアレンジしたレパートリーが日本公演ではなくなっていました。この曲では、カラーガードが多くフィーチャーされており、アレンジのクオリティ、演奏の難度にもかかわらず最高の演奏など、とてもバランスのとれたものだったので、ぜひ日本のファンも魅せてもらいたかったと今でも思います。

今年も、先日渋谷で観てきました。4回目になりますが、その感動はまったく衰えることはありません。持っているDVDを何度も観ているにもかかわらず、ライブにおけるパフォーマンスのクオリティの高さとキャストのエネルギーに、毎回圧倒されるのです。今回は珍しくドロップをいくつか見たのですが、そんな些細なことは簡単に吹き飛ばしてくれます。

ロビーでは、来年のBlast!についての情報がありました。Blast!2となっており、構成が結構変るようです。やはりLONDONでやっていたCyberJamの流れをくむ形になって、来年日本ツアーがあるとのことでした。Percussionをやっていた私としては、今のBlast!が多分にDrumを多くフィーチャーしているのに対し、おそらく木管楽器が多くなることで今のようなエネルギッシュなDrumにはならないと思うので、あまりに期待しすぎないようにというか、見方を変えないといけないだろうと思っています。

今年のBlast!鑑賞はちょっと特別なルートで実現したもので、本番のあとにキャスト(出演者)数名の方を交えたパーティー付きとなっていました。別エントリーでそのときの様子やお話をUPしますが、そこでBlast!のプロデュースをされてきているフジテレビのご担当の方にもお話する機会がありました。Blast!2は、やはり木管楽器がメインなっていくだろうということで、日本の吹奏楽ファンやプレイヤーにとっては、より身近でインパクトのあるショーになるかもしれません。
[PR]
by toshifme | 2005-08-13 13:44 | コンサート

最近のお手洗い音楽事情〜MP3再生機能

長年にわたって働いてきた父も定年退職し、ついに夢見た田舎暮らしを開始することになりました。昨年末から準備していた信州の新居が先日ようやく完成し、引っ越しも完了しました。

週末を使って、引っ越しの荷解きやセッティングなどのお手伝いにいってきたのですが、いやぁいいですわ、信州。二人、主に母が一生懸命プランニングし、インテリア一品ずつ集めて作った新居は、とても心温まる、すばらしいものでした。どうぞ、残りの人生を、思う存分満喫してください。

新居誕生の様子は、母が時折ブログに綴っておりました。
http://blog.goo.ne.jp/kurakura-get

さて、この新居には、アンティークがたくさんある中で、新しいもの/技術も導入されていました。たとえばIHクッキングヒーターとかエコキュートといったオール電化製品などですが、中でももっとも衝撃的だったのは、お手洗いでした。

最初に入っていた弟が、しきりに「すごいから」と言っていたのですが、ついにご対面のときがきたのです。

■ドアを開け、近づくとひとりでにカバーが開きます!(おぉ!センサーか。)
■便器の中がほのかに明るく照らされています!(これで健康チェックか?違うか。)
■うお!これは「♪ノクターン」では!(用足し中の音消しか?!)
■立ち上がると勝手に流してくれるのか!(確かに流し忘れはかなりバツが悪いし。)

そう、最新鋭の便器が鎮座していたのでした。
INAX SATIS
http://www.satis.jp/index2.html

せっかくなので、2回目利用のときに、コントロールパネルを開いて、いろいろといじくってみました。そこで、音がいくつか入っていることに気がつき、一通りチェックしたのですが、中にはちゃんと効果音(川の流れる音や雨の音など)もありました。一番落ち着くのは「♪G線上のアリア」でした。)

サイトの商品説明をみると、実際にはSDカードに入った音声ファイルが再生されているとのことで、MP3フォーマットであれば好きなものを入れることができそうです。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040205/inax.htm
 便器の前に立つと、人体センサーが感知し便座のフタが開き、音楽再生が行なわれる。曲目は、「G線上のアリア」、「愛の夢」、「ノクターン第2番」、「春の家」の4曲を収録。曲はSDメモリーカードにMP3形式で収録しており、パソコンからSDカードにMP3ファイルを転送して再生することも可能。


いろいろ工務店さんとのおつきあいで入れたんだと思いますが、アンティークと最新ものの絶妙なコラボレーションということで、また次回訪問するときには、おすすめの1曲をMP3に落として持っていこうと思います。

個人的にはBlue Devilsの「LOS TONTOS」またはMadison Scouts「Malaguena」あたりが鳴ると気合いが入ってよさそうです。
[PR]
by toshifme | 2005-08-09 23:46 | グッズ/ハード