<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Blast!「Simple Gifts」を追いかけてみました

この夏に来日していたBlast!は、3年続けてのツアーを敢行してくれました。プログラム内容はNYのBroadwayのころからほとんど変わらずで、プレイヤーが変ってもその卓越したパフォーマンスは常に観客の心をわしづかみにしてくれます。

そんなプログラムのなかに、「Simple Gifts」という曲があります。ハンドベルをトップにつけた、ぐにゃりと曲がったバトンを使ったオープニングに続いて、プレイヤーのほとんどがステージ上に楽器や手具を持たずに出てきて、コーラスする曲です。

c0039372_174365.jpg
c0039372_1724934.jpg



mixiで「あの歌詞を知りたい!」というリクエストについた回答を見ながら、以前からこの曲のルーツが気になっていたこともあって、調べ始めました。

Blast!のショーの中でも、このコーラスのあとには、A.Coplandの「アパラチアの春」と続くのですが、この曲自体が「Simple Gifts」を引用して作られています。Coplandは、フォークソングやその他民謡に耳を傾け、「アメリカ的な曲作り」というスタイルを確立しました。「エル・サロン・メヒコ」、「ビリー・ザ・キッド」、「ロデオ」などとともに、「アパラチアの春」もその一つでした。

参照先: http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kousaka/wagner/121st/american.htm


この「Simple Gifts」の歌詞は、意外と簡単に見つかりました。

Simple Gifts
http://www.contemplator.com/america/simple.html
'Tis the gift to be simple,
'Tis the gift to be free,
'Tis the gift to come down where we ought to be,
And when we find ourselves in the place just right,
It will be in the valley of love and delight.

When true simplicity is gained,
to bow and to bend, we will not be ashamed
To turn, turn, will be our delight,
'Til by turning, turning, we come round right.


楽譜も一緒に、という方には、オンラインでピアノ踏と歌詞がついた楽譜が販売されていました。
Sheet Music Plus
http://www.sheetmusicplus.com/store/smp_detail.html?cart=110512504229&type=rec&item=4172811

こうして、歌詞を探している過程で、「Shaker」というキーワードに突き当たりました。
どうやらキリスト教の一派であるようなのが、上記の歌詞掲載ページに簡単に書いてあります。

Shakerに関する情報を探すと、キリスト教の一派という側面以外に、音楽や家具、地域コミュニティといった、古き良き時代の文化を継承するものに多く出会います。

こちらのページでは、Shakerというコミュニティの解説と、シェーカースタイルと呼ばれる家具について、とても詳しく説明してくださっています。
http://www.kyo-takeuchi.com/gallery/shaker/index.html

かつてShakerが興隆していた場所にも、その息づかいが残っている場所があるようです。
http://www.hancockshakervillage.org/index.html

日本の方でこちらを訪れた方がレポートを掲載してくださっています。
http://page.freett.com/knotty/shaker1.html

以上、「Simple Gifts」にまつわる雑談でした。
[PR]
by toshifme | 2005-11-06 20:02 | よもやま話

「そいんじゃ」~技術とセンスとパフォーマンスが光るライブをありがとう

長野県の安曇野にやってきました。正確には池田町です。
ミクシィで見かけた、ライブ情報によって、ここまでやってきました。

「そいんじゃ」という3人のパーカッショニストのユニットが、カフェレストランでライブを行うということで、主催者さんの強烈な個性とリーダー後藤まさる氏の活動歴から、何かただならぬものを感じて、長野市にいる学生時代からの打楽器仲間とともに、会場のロータスカフェにお邪魔してきました。

「そいんじゃ」というユニット名、ちょっと聞きなれない言葉ですが、その意味は「意外な事に遭遇した時 思わず言ってしまう感嘆詞」だそうな。 3人の打楽器奏者ユニットではありますが、ボーカルやギターなどの音階楽器までも演奏してしまえるという、全方位的なメンバーさんたちです。

アンケートにも書いたのですが、「技術」「センス(音楽&ユーモア)」「パフォーマンス」のいずれも秀逸な方々です。打楽器奏者の皆さんは、ぜひ彼らの演奏をライブでご覧になると、本当にいろんな刺激をもらえると思います。

私自身は、ジャンベの演奏の手の使い方などがとても参考になりました。ジャンベってあんなに音色が出るものとは思っていなかったのですが、彼らの手にかかれば、1つの楽器でアンサンブルのように聞こえるほどです。

ライブで演奏される曲たちのジャンルもさまざまです。それにあわせて、使う楽器や音色、リズムで演奏されるところも、このライブが充実したものに感じる理由のひとつだと思います。マイクとエフェクターを使って、声や楽器の音を効果音的に使う場面も随所に見られ、創造性豊かなライブでした。

mixiでは、赤蛙さんという方がコミュニティを作っておられるのですが、ライブ会場でお会いすることができました。「そいんじゃ」をこよなく愛する彼女曰く、後藤まさる氏が東京エリアで結構ライブをされているそうで、かなり楽しいステージになっているそうです。そちらも近々ぜひお邪魔したいと思わせてくれる、安曇野のライブでした。

赤蛙さんのライブレポートを紹介している記事がありまして、ライブでの曲の紹介などかなり詳しく書かれている(さすが追っかけ!)ので、ぜひそちらもご覧になってくださいませ。

そいんじゃ通信:ライブ・レポート
http://blog.goo.ne.jp/soinjya55/e/314db883c7c36b7dbf099cc57ceb7c57

ライブにいけない方は、CDを作っておられるので、そちらを手に入れてお聞きになるのでも、とても参考になると思います。

GOTO MUSIC FACTORY CD販売
http://www.h7.dion.ne.jp/~masaru/sub14.html

下の写真は、ライブが始まる前に撮らせていただいた、奏者それぞれの楽器セットたちです。あまりアップに取れてないので細部まではご覧いただけませんが、雰囲気をお伝えできればと思います。

c0039372_2258580.jpg

c0039372_22582727.jpg

c0039372_22585091.jpg

[PR]
by toshifme | 2005-11-04 23:20 | コンサート