<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「森のくまさん」の謎をめぐる諸説

先日、ふとしたことから「森のくまさん」の話になりました。発端は、テレビ番組の番宣で、そんな謎があって、解いてみようといったくだりがあったのを耳にしていたことにありました。

「謎」は、その歌詞に端を発しています。

森のくまさんとは、「♪ある日、森の中〜」の歌詞を輪唱で歌うあの歌のことですが、歌の中でくまさんがとっても不可解な行動をとっているというのである。

私が遭遇した「森のくまさん」の謎についてのページの中には、あまりにも力が入りすぎているものがあり、一通り苦笑させていただきました。

森のくまさんの謎
http://www1.odn.ne.jp/mushimaru/bakaessay/bear.htm

まあ、こちらはナンセンスであるとしても、ほかにも同様の疑問への推理をしている人がいらっしゃいます。

森のくまさんの謎
http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/UC111.HTML

番宣があった番組では、いったいこの歌の真意はなんだったのか、を追跡していたようです。

番組は、テレビ東京系の「そこんトコロ抜き打ちテスト」で、バックナンバーページに、質問と回答が掲載されています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/back/
質問:童謡「森のくまさん」のくまさんは、どうして「お嬢さん、お逃げなさい」と言うの?

回答:「森のくまさん」はもともとアメリカ民謡。アメリカの歌詞では、熊に追いかけられて食べられてしまったり、熊を敷物にしてしまったりと結構ショッキングな内容。日本語の歌詞を作った作家の馬場祥弘さんによれば、争いを好まない自分の性格から、熊がお嬢さんに気を遣って「この暗い森からお逃げなさい」と言う内容になったのだとか。


そこで、実際の歌詞がどんなものだったのかを探ってみました。

<そもそも何の歌?>
もともとは学校の先生が授業や野外でのイベントなどのときに、小さな子供たちと一緒に歌っているもののようです。

The Tearcher's guide
http://www.theteachersguide.com/Songs/bearthe_other_day.htm
ここで紹介されている「The Bear」の歌詞は、日本語の歌詞とほとんど同じです。括弧書きのところも、ちょうど輪唱するようになっています。歌詞は、ずいぶんと先まであるのですが、くまに追いかけられた後、最後には木の枝につかまることができて、おしまいおしまい、となっており、いまいちよくわからない結末となっていました。ここでも、ショッキングな内容にならないように考慮された、と考えられます。

さらに探して、たどり着きました。前出の馬場さんが「オリジナル」とした歌詞は、おそらくこちらのものでしょう。

森のくまさん
http://www.sound.jp/childrensongworld/bearsong.htm

I heard a crack (I heard a crack),
I heard a crunch (I heard a crunch),
And I became (And I became),
That big bear's lunch (That big bear's lunch).
I heard a crack I heard a crunch,
And I became that big bear's lunch.


「大きなくまのランチになっちゃった」というオチなのです。
しかも、この歌は、まだ続きがあります。

The moral of (The moral of),
The story be (The story be),
Don't meet a bear (Don't meet a bear),
Without a tree (Without a tree).
The moral of the story be,
Don't meet a bear without a tree.


「この歌の教訓は、木のないところでくまに出会わないように」だそうな。




この「森のくまさん」追跡のなかで、さらにもとになったといわれている曲がありました。
「Sippin' Cider Through a Straw」です。こちらのサイトで紹介されていました。

http://momo-mid.com/mu_title/morino_kumasan.htm

もちろん歌詞も違うのですが、どうやら微妙にメロディーラインも違っているようです。
楽譜と音源を提供しているサイトがありました。

http://sniff.numachi.com/~rickheit/dtrad/pages/tiSIPCIDER;ttSIPCIDER.html

曲のルーツを探るのはとても興味深いです。「森のくまさん」は、子供向けのゲームを兼ねたところから、さまざまなアレンジやバージョンができたんだと思います。
[PR]
by toshifme | 2005-12-31 19:10 | よもやま話

改めて自己紹介

こんにちは。テクノラティ登録のためではありますが、改めまして、このブログと自分自身の紹介です。
テクノラティプロフィール

<ライター>
ユーザ名が「toshifme」となっておりますが、通常は「falcon」「ふぁるこん」のハンドル名でいくつかのコミュニティに参加しています。

<音楽歴>
小学5年生のときにブラスバンドに所属して、打楽器を始めました。はじめはトランペットかサクソフォンをやりたかったのですが、極度の歯並びの悪さからマウスピースとの相性が悪く、音がうまく出せなかったこともあり、自然と打楽器に行き着きました。

以来、中学校、高校、大学と吹奏楽にて打楽器を楽しんできました。

大学では、座奏とともにマーチングをやっていた大阪市立大学コンサートバンドにて、ドラムメジャーをやるなどマーチングにどっぷり浸かっていました。

大学在学中にアメリカ留学にて3年ほど渡米し、通った大学の打楽器アンサンブルやマーチングバンドで打楽器演奏を継続。アンサンブルではCD録音も体験できました。

卒業後、就職に伴って東京にやってきて、アマチュアマーチングバンドにてプレイヤーとスタッフを経験していましたが、多忙を理由に現在は無所属となっています。

<活動実績>
打楽器演奏
コンサート打楽器、ドラムセット、鍵盤楽器など一通りの楽器演奏の経験ありです。

作曲/アレンジ
残念ながら作曲はほとんどありません。ドラムライン用にCadenceを書いたり、ステージマーチングショーでの曲つなぎのためのものを作ったりという程度です。
アレンジは、マーチング用の譜面ではない曲をやる場合に、マーチングパーカッション用に書き起こしています。また、他のアレンジャーが管楽器アレンジをする際に、パーカッションパートを書くことが多いです。
バンド全体のアレンジはあまりありませんが、Holstの第一組曲をマーチングバンドアレンジしたのが一番気に入っています。多くの場合は、ドリルデザインや演出との関連で、曲の一部をいじったり加えたり程度のアレンジになっています。

ドリルデザイン
大学時代のドラムメジャー時にドリルデザインを書いたのが最初で、その後アマチュアバンドでも毎年1〜2つのレパートリーにてコンテを書いていました。メンバーからの評は、「複雑で難しいけどおもしろい」「はじめは覚えられないけど、最終的にはわかりやすい」とのこと。
ずっとステージマーチングをやってきたので、フットボールフィールドのサイズや大規模編成のドリルデザインはほぼ未経験です。

<ブログモバイルアクセス>
c0039372_1537446.jpg
[PR]
by toshifme | 2005-12-24 09:50 | プロファイル

口琴~表現力豊かな、すごい楽器

先日、ネット上をうろうろしていたところに、偶然見つけてしまった、すごいエントリーがありました。

P-web.org | 口琴奏者
http://p-web.org/blog/log/eid297.html

口琴ときくと、私は真っ先にアイヌの「むっくり」を連想するのですが、およそ民俗音楽の雰囲気をまったく感じさせない音作りになっていました。生で観てみたい!と思いつつ、何度かあったライブのタイミングでは都合が合わず、まだ実現できていないのです。

上記のパフォーマーの方がmixiにいらっしゃっていて、コミュニティを立ち上げたりしておられるので、ライブ情報はそこで追いかけているところではあります。現在も渋谷駅近くで活動されてようなのと、1月、2月にライブまたはイベントをされるようです。「口琴」メインのイベントになるみたいです。

・・・っと、そもそも口琴がどんなものか、ということをまったく紹介しておりませんでした。

残念ながら自分では持っていないので、写真画像をUPすることができないのですが、これまたすごく詳しいコンテンツになっているページがあります。

口琴てナニ!?
http://jewsharp.hp.infoseek.co.jp/nani.html

簡単に紹介しますと、
  • 棒状の弁があり、それを振動させる。
  • 口に当てて振動させて、口腔を共鳴体とすることで、人に聞こえる音になる。
  • 音色は「びよ~~ん」という感じ。ど根性ガエルの歌に出てきたり、跳ねる効果音に似ています。
  • 木製と金属製のものがあり、実は世界各国でさまざまな形で存在している。
  • ちゃんとIME(日本語変換ツール)で「こうきん→口琴」の変換が一発でできるくらいメジャー。
という、面白い楽器なのでした。

また、口琴とともに一緒に紹介されていたり、口琴奏者があわせてできたりするものに「ホーミー」があります。ホーミーというとモンゴルでの歌唱方法を指し、最近では衣料メーカーユニクロのテレビCMにて使われていました。ロシア連邦トゥヴァ共和国にも同様の伝統的歌唱法があり、こちらは「ホーメイ」と呼ばれているそうです。

こういった民族楽器に触れることが最近多くなってきました。

知人に誘われて行ったTAPのライブパフォーマンスでは、TAPとPercussionの2人ユニットで、Percussionistがやはり口琴をつかった演奏をしていました。このときはTAPが打ち鳴らす音とのコラボで、どんな音でも表情をつけてパフォーマンスにできることを教えてくれました。このときは、ウドゥ(まさに壺そのものが楽器になったもの)やカホンなどがありました。

カラだカラ LIVE at november eleventh
http://selen.exblog.jp/3903090

また、そいんじゃライブでも、名古屋であったライブに、追っかけ赤蛙さんと一緒に行った方が口琴をもってて、ライブ中にテンションが上がってビヨンビヨンされてたそうです。

しばらく口琴ブームになりそうですー。アンテナ張って、面白そうなものを見つけたり体験したらまたご報告します。
[PR]
by toshifme | 2005-12-23 15:05 | よもやま話

そいんじゃ~クリスマスディナーショーで暖まりました。

先月初めごろに、長野県安曇野で体験した、「そいんじゃ」のクリスマスディナーショーがありました。

そう、ディナーショーなので、クリスマスっぽいお食事をまずいただき、その後にそいんじゃライブを楽しむ、という企画なのでした。

場所は大塚grecoという、住宅街のなかにひっそりとあるカフェバーで、人数が多いこともあって、通常の2Fスペースではなく、半地下のもうちょっと広い場所が準備されていました。30名くらい入るテーブルスペースの多くはすでにお客様がついておられ、私たちもいそいそと着席しましたが、ちょうどど真ん中の特等席となっておりました。

GRECO
http://greco.gr.jp/

お食事のほうはフレンチ系のお上品なものになっていて、変り種ではエスカルゴがありました。メインはグレコさんのほうで焼かれたターキーで、さっぱりしているのにジューシーで、味付けも関西人も納得のあっさりとなっており、肉のうまみに舌鼓をうっておりました。ローストターキー、久々でしたが、やっぱり好きですね。クランベリーソースがあると最高でしたね。

で、ライブです。今回はそいんじゃ+鈴木朋というセッションで、そいんじゃを中心にそれぞれのナンバーを演奏してくださいました。

追っかけ赤蛙さんが、mixiのコミュニティのほうにUPしてくださってるのですが、こちらにも追記・転載させてくださいませ。

セットリスト
1.Ding Dong(そいんじゃ)
2.リトルジョン(そいんじゃ)
3.Happy Christmas(カバー:John Lennon)
4.ALL RIGHT(鈴木朋)
5.ひこうき(鈴木朋)
6.チークスノー(そいんじゃ)
7.ばくばくMy Love(そいんじゃ)
8.ジムノペディ(クラシックアレンジ:松丸さん独奏)

<ここで小休止>(というか仕込みかな。(^^))

9.ボッサ イタリアーノ(そいんじゃ)
10.薔薇色の日々(鈴木朋)
11.Ghost Bless You(鈴木朋)
12.アリさんのディスコ(そいんじゃ)
13.ホチキスでキス(そいんじゃ)
14.オーエ・タッテレ(そいんじゃ)
15.世界中の涙をあつめて(そいんじゃ)

E.C.帰り道(平成狸合戦挿入曲)


鈴木朋さんの歌声、なんか聞き心地いいなーと思っていたら、けっこうメジャーな方でした。
プレステにでてくるキャラクタ「トロ」関連の歌を歌っておられるとのことでした。お姿も歌声もかわいらしい感じですが、歌の表情の中には、なんか切ない感じを含んだ、深くて艶のある印象でした。

そいんじゃのほうは、長野の時の曲を多くやっておられましたが、相変わらず新鮮です。「アリさんのディスコ」では、即興のスキャットのような掛け合いが入るのですが、かなりのセンスが要求されるとお見受けしました。鈴木朋さんもちょこっと参加され、肝っ玉おねーさまっぷりが垣間見られました。

前半最後の「ジムノペティ」、フランスのエリック・サティの有名な曲で、ジャズやPOPにもアレンジして使われていますよね。ぱっと思い出すのは、Janet Jacksonの「SOMEONE TO CALL MY LOVER」などです。下記で視聴できました。(^^)

Someone To Call My Lover・Janet Jackson・音楽ダウンロードサイト:OnGen【USENミュージックサーバー】
http://www.ongen.net/search_detail_track/track_id/tr0000124600/

このジムノペティ、ピアニカにて独奏しておられたのが、とても印象的でした。曲もそうですが、手作りの2連ピアニカをつかって、両手で弾かれておられたのです。(しまった!楽器を写真に収めるのを忘れてました。)一本の長めの板に、横に並べてピアニカをくっつけ、1つのチューブから2股に分けて両方のピアニカに同時に空気が送れるようになっています。ってことは、2倍の空気量を使って演奏されていたことになりますね。すごいっ!途中タンギングか腹式の送風で、三連符に区切ったメロディアレンジもありましたよ。

一番のお気に入りは「ボッサ イタリアーノ」です。曲、パフォーマンスのいずれをとっても秀逸です。こんな曲をつくったりパフォーマンスを考えている過程では、充実したアーチスト魂が燃え上がっておられたことでしょうね。この曲はほんとに何回聴いても、何回見てもハマります。あんな演出をステージマーチングショーでもできないかなー。

来年もライブがいくつか決定しており、1月に高円寺でのライブでは、すごいバイオリニストさんとご一緒されるとのことでした。詳細はこちら。

後藤まさるスケジュール
http://www.h7.dion.ne.jp/~masaru/sub5.html

高円寺ジロキチホームページ
http://www.jirokichi.net/SCHEDULE/2006/1.html

終わってからの雑談で、そいんじゃ後藤さんが「長野にいらしてました?」とおっしゃってて、ちょっとびっくりでした。よっぽどわかりやすい顔か、赤蛙さんのクチコミでしょうか。CDを販売されておられたので、前回はばたばたしてて買いそびれていたので、今回サイン付きを手に入れることができました。

そいんじゃのみなさん、鈴木朋さん、楽しい時間をありがとうございました。
[PR]
by toshifme | 2005-12-23 14:05 | コンサート

いろんな「Time After Time」をiTunesで楽しむ

1990年前半に、アメリカにしばらく滞在する機会に恵まれ、それまでほとんど熱心に聴くことがなかったアメリカのPOPミュージックに自然と触れることになりました。アメリカはよく自動車社会という表現をされますが、おそらくその影響もあってか、ラジオ局がほんとうにたくさんあります。私がいたワシントン州のとある町でも、FM曲がおよそ15局はありました。

各局はたいていの場合は音楽ジャンルに特化しており、友人やルームメイトと車で出かけたり部屋でくつろいでいるときなどは、TOP40と呼ばれる最新ヒットチャートをかけてくれる局か80年代のPOPミュージックの局をかけていました。

そんな中で出会った曲のひとつが、Cindi Lauperの「Time After Time」でした。

Cindiはとても個性的な声と歌い方をする人で、それで記憶に残るということもあったのですが、純粋にメロディーラインと歌詞にぐぐっと惹かれるものがあったのです。

そのうち、たまたま観た映画のなかで、この「Time After Time」が使われており、この映画もとても楽しい、いい映画だったこともあって、ますます好きな曲になっていったのでした。
その映画は「Strivtly Ballroom」(邦題は「ダンシングヒーロー」)で、オーストラリアの社交ダンスにおける風雲児の話です。自分のスタイルを、社交ダンス会の重鎮たちが認めてくれず、それでも自分のやりたいダンスを目指そうとする主人公に、ダンス初心者の女性が一緒にダンスを習い、一緒に大会に出る、というストーリーで、二人がダンスの練習をしながら惹かれあっていくシーンで、この曲は流れます。実際には、歌っているのはCindiではなく、この女性俳優さんでした。(のちのち、このことにははっと気づきました。(^^ゞ)

ときどき、Cindiの「Time After Time」をラジオなどで耳にすると、ついつい一緒に歌ってしまうようになっていて、お気に入りのひとつでした。その後、大学を卒業して日本に戻ったのですが、あるときCDやさんをうろうろしていて視聴したボサノバのアルバムに、「Time After Time」が冒頭に入っていて、懐かしい曲にうれしくなったのと同時に、アメリカ滞在中のいい思い出が浮かんできたのでした。(このあたり、まさにこの曲の歌詞の内容と少しかぶっています。)

迷うことなくCDを購入し、いまでも大のお気に入りになっています。

c0039372_10524963.jpg


Tribute to Antonio Carlos Jobim
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F2Y3/falconznotes-22?creative=1615&camp=243&link_code=as1


***
私もiPod mini ユーザで、こういったお気に入りの曲を入れているのですが、このiPodと連動しているiTunesのダウンロードサービスがかなりの曲者(?)です。

あるとき、iTunesMusicStore(iTMS)のトップで、「生まれ来る子供たちのために」というオフコースのナンバーのカバーをMr.Childrenが歌っているのが出ていたのですが、これをきっかけに、オフコースのカバー曲というのを検索で探してみたのです。すると、意外と結構あるんですね。驚いたのは、この人がこんな風にカバーしている、というのもそうなのですが、いとも簡単に見つけられてしまうことでした。曲名をいれて検索するだけですから。

しかも、iTMSでは、リストアップされた曲の視聴ができるので、カバー曲がどんな風になっているのかがイメージできるのです。

そこで、はたと思ったのでした。そうだ、「Time After TIme」はどうだろう?

早速検索すると、あるわあるわ、かなりの数でヒットしていました。

実際には、「Time After Time」という曲名で、いくつか違う曲があり、とくにジャズボーカルのナンバーにもあって、検索結果のなかにそれが多く含まれていました。

そこで、片っ端から視聴しながら、Cindi版の「Time After Time」を見つけていったのでした。
結局20曲くらいあったのですが、視聴の結果、「これ、よさそう!」というのに絞り、17曲分をダウンロード購入し、しめて2600円也。

その中で、ひとまず現時点でさらに気に入ったものをまとめてヘビーローテーションになったものがあります。

Time After Time / by 3 pm
すこしアップテンポで、メロディーラインをうまくアレンジしてあったり、コーラスが心地よく入っているのがとてもいい。これ、このままマーチングバンドアレンジをやりたい。

Time After Time / Bonnie Jensen
ピアノとボーカルだけの、しっとりとしたバラード。聞いていると涙が出てきそうになる歌声です。iTMSではジャズのジャンルになっていました。

Time After Time / Charlie Moreno
低めの男性ボーカルで、エレキベースの伴奏がかなりシブい。こちらもジャズに分類されていました。

Time After Time / A Voice of Japan
亀渕友香率いるゴスペルクワイヤーグループのナンバーでした。ぱっと聞いた感じ、日本のボーカルグループとは思えず、しかも6/8のリズムにアレンジされています。

上記以外にも、槇原敬之がカバーしてたりします。

しかし、残念ながらCindi自身のダウンロードはiTMSではできませんでした。
Sony系のレーベルなので、さすがにNGのようです。

iTMS、他のダウンロードサービスもそうですが、こうしたこだわりの音源収集にはこれからもとても役立ちそうで、ユーザが爆発的に増えていると聞くとなるほど、と思える体験でした。
[PR]
by toshifme | 2005-12-17 11:35 | よもやま話

『ブラスト2:MIX』ってどんなショーになるのか

ドラムコーに端を発し、ブロードウェイをはじめ世界中のステージで大暴れをしてきた「ブラスト」ですが、3年に及ぶ日本へのツアーも今年の夏で一端終了となりました。

代わりに、ブラスト2(代わり、というには安直な名前か。)として、来年の夏に日本ツアーがあることが決定し、先日より先行予約が行われています。私も、夏にブラストを見てアンケートにお答えしたからか、先行予約のご案内を頂き、初日のチケットを予約したところです。

MIXI内のブラスト関連のコミュニティでも当然話題になっているのですが、ややこしいのは名前が「ブラスト2」となっているからかなと思っています。これだけ見ると、これまでに見たブラストと同じ系統のステージを期待してしまいます。

もちろん型破りなミュージカルショー(?)になるんだと思いますが、実際にはこれまでのブラストとは違うコンセプトである、と思ったほうがよさそうです。




インターネット上の記事をいくつか拾ってみると、「Blast2 Shockwave」というのに遭遇します。

VisualTHUNDER'S - Blast, Inc - Shockwave - What is....
http://tcpstudios.com/visualthunder/shockwave/shockwave2.htm
にある記事内容からは、

Blastと同様に、出演者は演奏しながら演じたり、踊ったり、歌ったりをしながら、特にストーリーがあるわけではなくて、それぞれ音楽的なインスピレーションからさまざまなジャンルの曲をカバー(クラシック音楽、ブルース、ジャズ、ロック、ブロードウェイなど)する。ブラス、打楽器、僕別編成の木管楽器、電子打楽器に携帯電話などで構成された2時間のショーになる。

Billie Holiday "God Bless the Child"
Alanis Morissette "Uninvited"
Queen "Bohemian Rhapsody"
Buddy Rich "Channel One Suite"
Leonard Bernstein "Prelude Fugue and Riffs"

などがレパートリーである。

Blast!がドラムコーからの流れを組むものだったのに対し、Shockwaveは木管楽器を加えた、ビッグバンドスタイルを継承したものであるといえる。ビジュアルアンサンブルは、いわゆるカラーガードとしてのスタイルだけでなく、よりトラディショナルなダンスの要素を取り入れたものになっている。


こうした記事をいくつか読んでいくと、2003年にはBlast!のツアーは終了しており、次の形として前述のShockwaveがスタートしていたようです。半年ほどブロードウェイで公演されたShockwaveはそのまま一端終了し、2003年秋にロンドンにて「Cyberjam」という名前で公演が開始されています。

来年やってくるブラスト2:MIXは、Blast!の後に製作されたShockwaveを基本に、ロンドンにて公演してきたCyberjamを引き続き、日本へのツアーを行うといえるでしょう。

したがって、ブラスト2の出演者は、これまでの日本ツアーのメンバーとはかなり違うと思ったほうがよさそうです。この夏出ていたあるドラムラインの方とメールのやり取りをした知人によると、ブラスト2には出ない、というお返事が来ていたそうです。以前、主催社の1つのフジテレビの担当の方にお話を伺ったときも、Blast!とはずいぶんと変わる予定だ、とおっしゃっていたを記憶しています。

こう考えてくると、Blast2といっているが、これまでのBlast!とは違うものであるから、「2」とつけるのはちょっと紛らわしいかもしれないのです。最近は映画や歌(マツケンサンバなど)も続編が流行ってますし、ネットの世界ではWEB2.0がもてはやされていますが、ブラスト2:MIXは、あまり「2」っぽくないといえるでしょう。

ブラスト2:MIX
http://www.blast-japan.com/

Cyberjamのステージの様子やレパートリーを見た感じでは、Shockwaveのものを継承し、来年やってくるBlast2には、Cyberjamがベースとなっているのでは、とロンドンで実際にCyberjamをご覧になった方からお聞きしました。

Shockwave、Cyberjamのステージ撮影を行っている会社さんのホームページらしく、ステージの様子がわかる画像がたくさん掲載されているところがありました。

VisualTHUNDER's Photo Gallery :: Blast Inc
http://tcpstudios.com/Gallery/blastinc

日本の公式サイトやチラシで見られるステージ上の写真画像と比較すると、やはりCyberjamのそれとよく似ている気がします。音が聞けないのが残念ですが、きっと大迫力なんだと思います。

日本での公演は、2006年8月9日から開始です。東京国際フォーラムで開催されます。
チケットの一般発売は2006年1月28日から。

詳細は公式サイトをどうぞ。いまはただのチラシっぽいサイトですが、きっとそのうち情報が追加されていくことでしょう。

ブラスト2:MIX
http://www.blast-japan.com/

8月までまだまだ、と思っていても、あっという間にその日がやってきそうです。楽しみ!
[PR]
by toshifme | 2005-12-12 00:44 | コンサート