<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グリッドなエアロビクス -- ドラムエクササイズとの共通点

二つ隣駅にある大きなフィットネスクラブに以前から会員となり、マシンジムやスイミングプールを利用していたのですが、昨年春ごろより、スタジオフィットネスに参加するようになりました。もともと音楽、マーチング好きなことから、音楽にあわせて体を動かすというのはとても相性がよく、初心者のころからハイインパクト系のレッスンに参加していました。

2ヶ月ほど前に、プログラムスケジュールの変更があって、よく参加していたハイインパクトのコースがなくなってヨガになったのをきっかけに、別のコースにも参加してみるようになりました。

(ヨガはヨガで一度出たのですが、カラダ的にかなりきつかったので、しばらくチャレンジするのを控えてます。)

ローインパクトのエアロビクスに参加してみているのですが、意外ときつい動きもやっていて、あまりコース名にこだわらなくても、いろんなインストラクタのコースに参加して相性やレッスン内容の好みで選ぶのでよさそうなのでした。(ローインパクトのクラスだと思ってても、ときどきヒールジャックが出てきたりします。)

そんな中、最近であったのは、踏み台をつかったものです。私がお邪魔しているフィットネスクラブでは「ステップビート」と呼ばれていますが、体を動かす楽しさとは別に、なにか芸術的な、クリエイティブな意欲を刺激してくれるもの感じるのです。

ステップビートでは、踏み台を使うとことに特徴があるわけですが、通常のエアロビクスのさまざまなステップに加えて、その台をめぐる動きのバリエーションが入ってきます。

・片足ずつ順番に上って降りる
・片足乗って、逆足はあがってタッチでその足から降りる
・片足乗って、体を回して逆足で向こう側に降りる
・台の周りを歩いて回る

などです。インストラクターさんは、こういった動きの組み合わせを作って、前でデモをしてくれながらわれわれに教えてくれるわけですが、細かい動きの積み重ねで、一連の動きとしてフレーズ(4小節、8小節分)にして、音楽とあわせて動けるようになっています。

この細かい動きの1つ1つは、すべて右スタート、左スタートの両方が必ずあり、シンメトリーとなっているのですが、その組み合わせによっては、左右を交互にすることによってひとつの流れになっていることもあります。たとえば、
通常の流れ
パターンA(右から)
パターンA(左から)
パターンB(右から)
パターンB(左から)

交互になる流れ
パターンC(右から)
パターンD(左から)
パターンC(左から)
パターンD(右から)

また、前後の向きを逆にすることで、足運びは同じなのに、動きの向きは正面から見ると逆になるパターンもあります。

こうした動きの組み合わせによって、何通りものパターンが作り出され、曲に当てはめていくのだと思いますが、この組み合わせの動きがとても創作的で、計算された美しさと統一感を感じさせてくれます。

そんなステップビートに参加して、前後の向きを変えたり左右逆転を楽しみながら、BluedevilsのドラムインストラクターScott Johnson氏のクリニックで聞いた「グリッド(Grid)」を連想していました。

ドラムは左右の手を使って演奏するわけですが、どちらの手でたたいても音が均一になるようにしなければなりません。アクセント、タップ、装飾音符、なんでもです。そのためには、左からはじめたら、次は右から、という風に、両方のバランスをとって練習する必要があるのです。そんな左右の練習には、ルーディメントと呼ばれるスティッキングパターンに代表されるような、左右の動きが交互にうまく入ってくるエクササイズを使えば、効果的にできる、というものです。たとえば、16分音符のアクセント移動だと次のようになります。

c0039372_1253896.gif


3連符系だと、奇数であるがゆえにもともと左右が入れ替わるようになるので、左右の練習にはもってこいの音型だといえるでしょう。さらに、音符にバリエーションを加えることで、Scott Johnson氏のいう「Grid」(=格子状の広がり)になります。

c0039372_126045.gif


この全方位的なバリエーションを使ったスティッキングパターンを考えたり、その練習をしているときに感じる、なにかぴったりとハマった感じが、エアロビクスのステップ、特に踏み台を使って左右前後を自在に入れ替えながらのエクササイズの時に感じるものと、同じような感覚を与えてくれるのでした。
[PR]
by toshifme | 2006-01-30 01:32 | エアロ/タップ

日本のトップドラムコーたちが熱演したチャンピョンシップ

1月28日(土)、関内にある横浜文化体育館にて、ドラムコージャパン主催のチャンピョンシップが行われました。結果はドラムコージャパンのサイトに掲載されています。

リキャップ(PDFファイル)
http://www.dcjpn.org/ja/recap/championship/Champion2006.pdf

c0039372_0415558.jpg




観戦しての私見は下記のとおりです。演奏逆順ですが、あしからず。


横浜インスパイアーズ

演奏演技ともに、もっともバランスが取れていたように思います。
原曲とアレンジのクオリティが、ショー全体の魅力を押し上げていたのでしょう。

ソリストもそれぞれ聴かせるいい演奏だったと思います。

ビジュアルアンサンブルも安定していました。

横浜スカウツ

残念ながら個人レベルでの細かいミスが目立ちました。
特にMMが意外とそろっていなかったように思います。

演奏が全体的に単調に聞こえがちで、もしかするとアレンジと演奏の仕上げにもう一工夫あってもよかったのではないかと思いました。

スコアでは1位となりましたが、個人的にはあまりそりが合わなかったようです。

東京フェニックス

演奏がとても安定しており、ソリストの演奏がとても光っていました。
ドリルデザインでは、歩幅の扱いにもう少しひねりがあると、音楽がより生きていたのではと感じました。ちょっと一本調子なところがあったと感じました。

ドラムラインがとても安定しており、技術も高く、演奏クオリティがもっともよかったように感じます。

フェニックスレジメント

秋のプレビューと先日のドキュメンタリを見ていたこともあり、これまでの演奏演技の中でもっともよいショーでした。たえだ、ドリルデザイン上、フィジカルにかなり無理してしまっており、その効果よりも演奏への影響や、不ぞろいになりがちなこともあって、見直してもよいのではと感じます。

***

インペリアルサウンド

愛知からきたコーで、私の一番好みのショーをしていました。曲アレンジ(とくに打楽器アレンジ)とドリルデザインが、音楽そのものとショーとしての楽しさをより効果的に演出していたと感じました。

スカードの作り方、スカード間の相対的な動きの効果など、曲とアレンジの研究の成果がぴったり合っているドリルデザインと感じました。

ドラムラインは、マルチタムが秀逸だと感じました。ブラボー。

チェリーブロッサムズ

選曲が渋いのですが、アレンジもすばらしかった。メンバー数にあったドリルデザインでした。ソロが比較的多かったのですが、全員安定した演奏演技で、バリバリハイノートを出しているわけではないが、とても好印象でした。MMのクオリティはとてもよく、カンパニーフロントなどの統一美によるところは、すばらしかった。

ソニックランサーズ

まずはMMレベルでの全体の調整が必要だと思います。レパートリーの構成とアレンジがマニア心くすぐるもので、よかったです。ついつい2000年Cadetsを連想してしまうのですが、それに劣らない構成でした。


成績発表の前に、横浜インスパイアーズのドラムラインがいくつかのCadenceを演奏していたのですが、合間があって、なんのためのCadenceなのかがよくわからなかったです。これはきっと運営サイドのなにか意図があったんだと思いますが、いまいち伝わりませんでした。

で、出演団体が入場するCadenceを引き続きインスパドラムラインが演奏していたのですが、1992年のSanta Clara VanguardのDrum Cadenceをやっていました。(確かElectric Wheelchairという名前がついていたと思います。)これを生でやっているのを聴いたのは初めてで、これはこれで収穫でした。(^^)

<テクノラティ:タグ>

[PR]
by toshifme | 2006-01-29 01:43 | Marching

宇多田ヒカル"passion" -- 時空間を駆け抜ける曲

まっちゃんさんに刺激をうけて、宇多田ヒカルのPassionについて、いろいろと見聞きしています。
このシングルは、CDのみ(プラスティックケースではなく紙ジャケット)とCD/DVDの2枚組の2種類のメディア販売と、iTunesMusicStoreをはじめとするダウンロード販売があります。PVがみたかったので、2枚組のものを早速買ってみました。

中身はこんな感じです。
一番上:プラスティックケースにはいっているジャケットで、右が表紙、左が裏(内側)です。
真ん中:プラスティックケースの裏側で、下部にレコード会社名やコピーライトが記述されています。
一番下:左がCD、右がDVDです。
c0039372_1612277.jpg



PVですが、イントロから最初のメインテーマの終わりまでがアニメーションになっており、女性キャラクターが登場していますが、宇多田ヒカル自身は、「私自身だ」と感じていたそうです。まあ、そう見えなくはないけど、というあたりでしょうか。

宇多田ヒカル インタビュー
http://www.oricon.co.jp/music/interview/051214_02.html


このアニメーションキャラクタは、ディスニーのFantasia Millenium版の最後「火の鳥」に出てくる女性キャラクターと似た感じです。同じ感想をmixiのレビューでも見かけました。

PV中の舞台は、大きく4つあり、1)アニメーション 2)ドラマーたちと一緒に 3)ダンサーたちと一緒に 4)大平原にて となっています。公式サイトなどで視聴できる部分は、2のところです。ちょっと不気味な感じがします。私の好きなENIGMAの世界観とちょっと似ているところがある感じです。ただ、このドラマーたち、本当の打楽器奏者ではなさそうです。マレットの持ち方や振り方があまりにもアマチュアというか、あれでは音が出ないです。

まっちゃんさん情報によると、テレビの音楽番組でライブ演奏をしていたときに、数名のドラマーたちが出てきて、ドラムパッドをたたく演出(演奏はしていないと思われます)があったそうですが、この2の部分をモチーフにしているのでしょう。

いずれにしても、全体を通して、ドラムの特徴的なビートが効いている曲であることは確かです。

歌詞は、シンプルでストレートでわかりやすいです。過去、現在、未来を不思議につなぐ歌詞で、時空間を自由に飛び回るイメージが浮かびます。

曲中に何度か出てくる、呪文のような歌声が入るのですが、ある台詞を逆回転にしてミキシングしているそうです。こちらは、なんと言っているかの議論がちょっとあって、

I need more affection than you know
I need more passion than you know

のどちらかだ、というので、いろんな人が実際に逆回転させた音声ファイルを作成して主張されていました。「affection」に聞こえるし、そのほうが意味が通りやすい、ということで落ち着いたようです。

よって、ここの部分は
wonk uoy naht niotceffa erom deen I

と記述されていました。(^^)

この曲は、彼女の歌声で彼女が歌う曲であるから、とても映えるんだと思います。さすがです。

残念ながらゲームにはあまり興味はないのですが、この曲が主題歌となっているキングダムハーツ2は、スクエアエニックス社とディスニーが一緒に作っているとのことで、ディスニーキャラクターがRPG内に出てくるそうな。それ自体はとても楽しそうですよね。
[PR]
by toshifme | 2006-01-09 16:02 | CD/DVD