いろんな「Time After Time」をiTunesで楽しむ

1990年前半に、アメリカにしばらく滞在する機会に恵まれ、それまでほとんど熱心に聴くことがなかったアメリカのPOPミュージックに自然と触れることになりました。アメリカはよく自動車社会という表現をされますが、おそらくその影響もあってか、ラジオ局がほんとうにたくさんあります。私がいたワシントン州のとある町でも、FM曲がおよそ15局はありました。

各局はたいていの場合は音楽ジャンルに特化しており、友人やルームメイトと車で出かけたり部屋でくつろいでいるときなどは、TOP40と呼ばれる最新ヒットチャートをかけてくれる局か80年代のPOPミュージックの局をかけていました。

そんな中で出会った曲のひとつが、Cindi Lauperの「Time After Time」でした。

Cindiはとても個性的な声と歌い方をする人で、それで記憶に残るということもあったのですが、純粋にメロディーラインと歌詞にぐぐっと惹かれるものがあったのです。

そのうち、たまたま観た映画のなかで、この「Time After Time」が使われており、この映画もとても楽しい、いい映画だったこともあって、ますます好きな曲になっていったのでした。
その映画は「Strivtly Ballroom」(邦題は「ダンシングヒーロー」)で、オーストラリアの社交ダンスにおける風雲児の話です。自分のスタイルを、社交ダンス会の重鎮たちが認めてくれず、それでも自分のやりたいダンスを目指そうとする主人公に、ダンス初心者の女性が一緒にダンスを習い、一緒に大会に出る、というストーリーで、二人がダンスの練習をしながら惹かれあっていくシーンで、この曲は流れます。実際には、歌っているのはCindiではなく、この女性俳優さんでした。(のちのち、このことにははっと気づきました。(^^ゞ)

ときどき、Cindiの「Time After Time」をラジオなどで耳にすると、ついつい一緒に歌ってしまうようになっていて、お気に入りのひとつでした。その後、大学を卒業して日本に戻ったのですが、あるときCDやさんをうろうろしていて視聴したボサノバのアルバムに、「Time After Time」が冒頭に入っていて、懐かしい曲にうれしくなったのと同時に、アメリカ滞在中のいい思い出が浮かんできたのでした。(このあたり、まさにこの曲の歌詞の内容と少しかぶっています。)

迷うことなくCDを購入し、いまでも大のお気に入りになっています。

c0039372_10524963.jpg


Tribute to Antonio Carlos Jobim
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005F2Y3/falconznotes-22?creative=1615&camp=243&link_code=as1


***
私もiPod mini ユーザで、こういったお気に入りの曲を入れているのですが、このiPodと連動しているiTunesのダウンロードサービスがかなりの曲者(?)です。

あるとき、iTunesMusicStore(iTMS)のトップで、「生まれ来る子供たちのために」というオフコースのナンバーのカバーをMr.Childrenが歌っているのが出ていたのですが、これをきっかけに、オフコースのカバー曲というのを検索で探してみたのです。すると、意外と結構あるんですね。驚いたのは、この人がこんな風にカバーしている、というのもそうなのですが、いとも簡単に見つけられてしまうことでした。曲名をいれて検索するだけですから。

しかも、iTMSでは、リストアップされた曲の視聴ができるので、カバー曲がどんな風になっているのかがイメージできるのです。

そこで、はたと思ったのでした。そうだ、「Time After TIme」はどうだろう?

早速検索すると、あるわあるわ、かなりの数でヒットしていました。

実際には、「Time After Time」という曲名で、いくつか違う曲があり、とくにジャズボーカルのナンバーにもあって、検索結果のなかにそれが多く含まれていました。

そこで、片っ端から視聴しながら、Cindi版の「Time After Time」を見つけていったのでした。
結局20曲くらいあったのですが、視聴の結果、「これ、よさそう!」というのに絞り、17曲分をダウンロード購入し、しめて2600円也。

その中で、ひとまず現時点でさらに気に入ったものをまとめてヘビーローテーションになったものがあります。

Time After Time / by 3 pm
すこしアップテンポで、メロディーラインをうまくアレンジしてあったり、コーラスが心地よく入っているのがとてもいい。これ、このままマーチングバンドアレンジをやりたい。

Time After Time / Bonnie Jensen
ピアノとボーカルだけの、しっとりとしたバラード。聞いていると涙が出てきそうになる歌声です。iTMSではジャズのジャンルになっていました。

Time After Time / Charlie Moreno
低めの男性ボーカルで、エレキベースの伴奏がかなりシブい。こちらもジャズに分類されていました。

Time After Time / A Voice of Japan
亀渕友香率いるゴスペルクワイヤーグループのナンバーでした。ぱっと聞いた感じ、日本のボーカルグループとは思えず、しかも6/8のリズムにアレンジされています。

上記以外にも、槇原敬之がカバーしてたりします。

しかし、残念ながらCindi自身のダウンロードはiTMSではできませんでした。
Sony系のレーベルなので、さすがにNGのようです。

iTMS、他のダウンロードサービスもそうですが、こうしたこだわりの音源収集にはこれからもとても役立ちそうで、ユーザが爆発的に増えていると聞くとなるほど、と思える体験でした。
[PR]
# by toshifme | 2005-12-17 11:35 | よもやま話

『ブラスト2:MIX』ってどんなショーになるのか

ドラムコーに端を発し、ブロードウェイをはじめ世界中のステージで大暴れをしてきた「ブラスト」ですが、3年に及ぶ日本へのツアーも今年の夏で一端終了となりました。

代わりに、ブラスト2(代わり、というには安直な名前か。)として、来年の夏に日本ツアーがあることが決定し、先日より先行予約が行われています。私も、夏にブラストを見てアンケートにお答えしたからか、先行予約のご案内を頂き、初日のチケットを予約したところです。

MIXI内のブラスト関連のコミュニティでも当然話題になっているのですが、ややこしいのは名前が「ブラスト2」となっているからかなと思っています。これだけ見ると、これまでに見たブラストと同じ系統のステージを期待してしまいます。

もちろん型破りなミュージカルショー(?)になるんだと思いますが、実際にはこれまでのブラストとは違うコンセプトである、と思ったほうがよさそうです。




インターネット上の記事をいくつか拾ってみると、「Blast2 Shockwave」というのに遭遇します。

VisualTHUNDER'S - Blast, Inc - Shockwave - What is....
http://tcpstudios.com/visualthunder/shockwave/shockwave2.htm
にある記事内容からは、

Blastと同様に、出演者は演奏しながら演じたり、踊ったり、歌ったりをしながら、特にストーリーがあるわけではなくて、それぞれ音楽的なインスピレーションからさまざまなジャンルの曲をカバー(クラシック音楽、ブルース、ジャズ、ロック、ブロードウェイなど)する。ブラス、打楽器、僕別編成の木管楽器、電子打楽器に携帯電話などで構成された2時間のショーになる。

Billie Holiday "God Bless the Child"
Alanis Morissette "Uninvited"
Queen "Bohemian Rhapsody"
Buddy Rich "Channel One Suite"
Leonard Bernstein "Prelude Fugue and Riffs"

などがレパートリーである。

Blast!がドラムコーからの流れを組むものだったのに対し、Shockwaveは木管楽器を加えた、ビッグバンドスタイルを継承したものであるといえる。ビジュアルアンサンブルは、いわゆるカラーガードとしてのスタイルだけでなく、よりトラディショナルなダンスの要素を取り入れたものになっている。


こうした記事をいくつか読んでいくと、2003年にはBlast!のツアーは終了しており、次の形として前述のShockwaveがスタートしていたようです。半年ほどブロードウェイで公演されたShockwaveはそのまま一端終了し、2003年秋にロンドンにて「Cyberjam」という名前で公演が開始されています。

来年やってくるブラスト2:MIXは、Blast!の後に製作されたShockwaveを基本に、ロンドンにて公演してきたCyberjamを引き続き、日本へのツアーを行うといえるでしょう。

したがって、ブラスト2の出演者は、これまでの日本ツアーのメンバーとはかなり違うと思ったほうがよさそうです。この夏出ていたあるドラムラインの方とメールのやり取りをした知人によると、ブラスト2には出ない、というお返事が来ていたそうです。以前、主催社の1つのフジテレビの担当の方にお話を伺ったときも、Blast!とはずいぶんと変わる予定だ、とおっしゃっていたを記憶しています。

こう考えてくると、Blast2といっているが、これまでのBlast!とは違うものであるから、「2」とつけるのはちょっと紛らわしいかもしれないのです。最近は映画や歌(マツケンサンバなど)も続編が流行ってますし、ネットの世界ではWEB2.0がもてはやされていますが、ブラスト2:MIXは、あまり「2」っぽくないといえるでしょう。

ブラスト2:MIX
http://www.blast-japan.com/

Cyberjamのステージの様子やレパートリーを見た感じでは、Shockwaveのものを継承し、来年やってくるBlast2には、Cyberjamがベースとなっているのでは、とロンドンで実際にCyberjamをご覧になった方からお聞きしました。

Shockwave、Cyberjamのステージ撮影を行っている会社さんのホームページらしく、ステージの様子がわかる画像がたくさん掲載されているところがありました。

VisualTHUNDER's Photo Gallery :: Blast Inc
http://tcpstudios.com/Gallery/blastinc

日本の公式サイトやチラシで見られるステージ上の写真画像と比較すると、やはりCyberjamのそれとよく似ている気がします。音が聞けないのが残念ですが、きっと大迫力なんだと思います。

日本での公演は、2006年8月9日から開始です。東京国際フォーラムで開催されます。
チケットの一般発売は2006年1月28日から。

詳細は公式サイトをどうぞ。いまはただのチラシっぽいサイトですが、きっとそのうち情報が追加されていくことでしょう。

ブラスト2:MIX
http://www.blast-japan.com/

8月までまだまだ、と思っていても、あっという間にその日がやってきそうです。楽しみ!
[PR]
# by toshifme | 2005-12-12 00:44 | コンサート

Blast!「Simple Gifts」を追いかけてみました

この夏に来日していたBlast!は、3年続けてのツアーを敢行してくれました。プログラム内容はNYのBroadwayのころからほとんど変わらずで、プレイヤーが変ってもその卓越したパフォーマンスは常に観客の心をわしづかみにしてくれます。

そんなプログラムのなかに、「Simple Gifts」という曲があります。ハンドベルをトップにつけた、ぐにゃりと曲がったバトンを使ったオープニングに続いて、プレイヤーのほとんどがステージ上に楽器や手具を持たずに出てきて、コーラスする曲です。

c0039372_174365.jpg
c0039372_1724934.jpg



mixiで「あの歌詞を知りたい!」というリクエストについた回答を見ながら、以前からこの曲のルーツが気になっていたこともあって、調べ始めました。

Blast!のショーの中でも、このコーラスのあとには、A.Coplandの「アパラチアの春」と続くのですが、この曲自体が「Simple Gifts」を引用して作られています。Coplandは、フォークソングやその他民謡に耳を傾け、「アメリカ的な曲作り」というスタイルを確立しました。「エル・サロン・メヒコ」、「ビリー・ザ・キッド」、「ロデオ」などとともに、「アパラチアの春」もその一つでした。

参照先: http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kousaka/wagner/121st/american.htm


この「Simple Gifts」の歌詞は、意外と簡単に見つかりました。

Simple Gifts
http://www.contemplator.com/america/simple.html
'Tis the gift to be simple,
'Tis the gift to be free,
'Tis the gift to come down where we ought to be,
And when we find ourselves in the place just right,
It will be in the valley of love and delight.

When true simplicity is gained,
to bow and to bend, we will not be ashamed
To turn, turn, will be our delight,
'Til by turning, turning, we come round right.


楽譜も一緒に、という方には、オンラインでピアノ踏と歌詞がついた楽譜が販売されていました。
Sheet Music Plus
http://www.sheetmusicplus.com/store/smp_detail.html?cart=110512504229&type=rec&item=4172811

こうして、歌詞を探している過程で、「Shaker」というキーワードに突き当たりました。
どうやらキリスト教の一派であるようなのが、上記の歌詞掲載ページに簡単に書いてあります。

Shakerに関する情報を探すと、キリスト教の一派という側面以外に、音楽や家具、地域コミュニティといった、古き良き時代の文化を継承するものに多く出会います。

こちらのページでは、Shakerというコミュニティの解説と、シェーカースタイルと呼ばれる家具について、とても詳しく説明してくださっています。
http://www.kyo-takeuchi.com/gallery/shaker/index.html

かつてShakerが興隆していた場所にも、その息づかいが残っている場所があるようです。
http://www.hancockshakervillage.org/index.html

日本の方でこちらを訪れた方がレポートを掲載してくださっています。
http://page.freett.com/knotty/shaker1.html

以上、「Simple Gifts」にまつわる雑談でした。
[PR]
# by toshifme | 2005-11-06 20:02 | よもやま話